GMOインターネット株式会社が9日、日本円と連動したステーブルコイン『GMO Japanese YEN』を2019年度をめどにアジア地域へ向けて発行を開始する予定だと発表しました。

プレスリリースによると、価格の安定を実現するステーブルコインのポテンシャルに着目し、将来的な仮想通貨の決済活用を見据え、仮想通貨のボーダレスな取引を支援するべく発行の準備を開始したといいます。

ステーブルコインは、法定通貨に担保された「法定通貨担保型」、他の仮想通貨により担保された「仮想通貨担保型」、資産の担保が無くスマートコントラクト機能により価値を安定させる「無担保型」の、大きく3種類に分けられており、

今回GMOが発行するGMO Japanese Yen(GJY)について、日本円に担保された法定通貨担保型(円ペッグ通貨)で、カレンシーボード制の採用を検討していると発表しています。

カレンシーボード制とは?
為替政策の一つで、発行する通貨(GMO Japanese Yen)と同等の日本円を保有し、価値を担保すること。

仮想通貨事業を戦略的事業分野と位置づけているGMOインターネットグループは現在、「交換」「マイニング」「決済」の中で「交換」「マイニング」の2領域にはすでに参入を果たしていました。

今回発表したステーブルコインの発行が実現すれば、残る「決済」の領域への参入に大きな一歩を踏みだすことになります。

記事ソース:プレスリリース