UCLA(カリフォルニア大学)がブロックチェーンプログラミング講座を来年1月に開講
2018/12/18

UCLA(カリフォルニア大学)がブロックチェーンプログラミング講座を来年1月に開講

NT【CRYPTO TIMES公式ライター】

NTCRYPTO TIMES公式ライター

草コイン(XP、PAC、EMB)に投資していたら9割損失していたタイプの人です。 仮想通貨よりもブロックチェーン技術の応用に関心を持っています。

アメリカの名門大学カリフォルニア大学ロサンゼルス校(UCLA)が、単位認定されるブロックチェーン講座を2019年1月から開始すると発表しました。

MouseBelt Blockchain Acceleratorと呼ばれるブロックチェーンプロジェクトの支援団体から寄付を受けて今回の講座が開設されました。同団体は今後ブロックチェーンに取り組む大学の支援を拡大していく計画です。

ブロックチェーンのエンジニアリング・プログラミングに重点をおき、電気・コンピュータ工学とコンピュータサイエンスを専攻する学生向けの選択科目として提供されます。

公開鍵暗号やハッシュ関数、デジタル署名などブロックチェーンを支える基本技術だけでなく、プログラミング言語Solidityやスマートコントラクト、分散アプリケーション(Dapps)についても深く学習することができます。

講座では、学生団体Blockchain at UCLAを運営する学生が授業のサポートをした上で、電気工学や経営学、公共政策を専門とするJohn D. Villasenor教授が教鞭をとります。

また、MouseBeltによるゲスト講義やワークショップの開催、同団体のブロックチェーンアプリケーションの独占的なサポートが提供されます。

関係者によると、登録は数日間しか受け付けていませんでしたが既に定員まで埋まるくらいの人気だったようです。

記事ソース:MouseBelt Funds UCLA’s First Blockchain Engineering Course

 

関連記事 同じライターから

同カテゴリの人気記事