Zaif(ザイフ)の出金まとめ!手順や手数料、できないときの対処法を解説
   公開日 : 2021/08/03

Zaif(ザイフ)の出金まとめ!手順や手数料、できないときの対処法を解説

さっちゃんCRYPTO TIMES公式ライター

2017/12のピーク時から仮想通貨に触り始めました。こちらでは通貨・プロジェクトについてまとめた記事を書くことが多いです。クリプト外ではWebまわりの集客、広告に携わっていたりします。

Zaif(ザイフ)は2014年設立の仮想通貨取引所で、初心者でも使いやすく人気です。

取引で利益が出たら、出金の手続きが必要ですが、初めてだと操作が分からないかもしれませんね。

この記事では、Zaifからの日本円や仮想通貨の出金について、操作画面付きで詳しく説明します。

出金トラブルを避けるために、手順や手数料などはしっかり理解しておきましょう。

Zaif(ザイフ)の日本円出金方法を徹底解説

Zaif日本円出金
まずはZaif(ザイフ)からの日本円の出金について解説します。

日本円を出金する時には、あらかじめ出金先の口座をZaifに登録する必要があります。

出金先を複数登録しておけば、出金時には登録済の口座から選択できるので簡単ですよ。

Zaifの日本円出金方法

【事前準備】出金先口座を登録する

日本円出金の事前準備として、あらかじめ出金先の銀行口座をZaifに登録します。

Zaifログイン後のページ上部のメニューから、「アカウント」→「登録情報/本人確認」→「JPY出金口座」と選択していきましょう。

登録されている銀行口座のリストの画面が表示されるので、「新規追加」のボタンをクリックします。

「出金口座:新規登録」のウインドウが表示されます。

銀行名・支店名・口座名義などを入力して、「新規登録」を選択すれば口座の登録は完了です。

【ステップ1】日本円出金ページを開く

日本円の出金は、「日本円の入出金と履歴」のページから指示します。

画像のように、Zaifログイン後のページ上部のメニューから、「入出金」→「入出金と履歴」→「¥マーク」→「出金」と選択していきましょう。

すると、ページ下部に出金内容を指定するフィールドが表示されます。

【ステップ2】出金口座と出金額を指定する

出金口座、出金額、2段階認証の認証番号の3項目を入力します。

出金口座は、事前準備でZaifに登録した銀行口座が表示されるので、その中から選択してくださいね。

2段階認証の認証番号は、Zaifの2段階認証で利用しているアプリ(Google Authenticatorなど)から番号を取得し、記入します。

3項目を入力して最下部の「出金申請」をクリックすれば、日本円の出金の指示は終了です。

日本円の出金はいつ? 出金実行までの日数を解説

Zaifで行った日本円出金は、出金先の銀行営業日に実行されます。

当日23時59分までに申請された出金は、銀行の翌営業日に処理完了となります。

申請の翌日が平日であれば出金されますが、土日や祝日の場合はさらに遅れるので注意が必要です。

日本円出金の手数料は?

出金額手数料額
3万円未満385円
3万円以上770円

Zaifの日本円出金にかかる手数料は出金額によって異なります。

表のとおり、出金額が3万円未満であれば385円、3万円以上の場合は770円です。

少額を何度も出金すると手数料がかさむので、まとめて実行するのがおすすめです。

Zaif(ザイフ)の仮想通貨出金方法を徹底解説

Zaif仮想通貨出金

日本円出金の次は、仮想通貨の出金について説明します。

仮想通貨の出金は、Zaif(ザイフ)が管理しているウォレットから他のウォレットに通貨を送金する処理です。

送金先ウォレットのアドレスを間違えると大きなトラブルになりますので、何度も確認しながら進めましょう。

Zaifの仮想通貨出金方法

【事前準備】出金先のアドレスを登録する

仮想通貨の出金の事前準備として、出金先ウォレットのアドレスをZaifに登録しておきましょう。

Zaifログイン後のページ上部のメニューから、「入出金」→「入出金と履歴」→「出金する仮想通貨のロゴ」→「出金」→「出金先アドレスの管理へ」と選択していきましょう。

「出金アドレス管理」のページが開きますので、出金アドレスを「制限する」を選び、「新規追加」のボタンをクリックします。

制限することで、登録したアドレス以外に出金できなくなります。

間違いやトラブルを防いで資産を守るためのZaifの管理機能です。

「出金アドレス管理:新規登録」のウインドウが表示されます。

出金先アドレスと、アドレスを区別するためのラベルを入力して「新規登録」を選択すれば登録完了です。

【ステップ1】仮想通貨の出金ページを開く

仮想通貨の出金は、「入出金と履歴」のページから指示します。

Zaifログイン後のページ上部のメニューから、「入出金」→「入出金と履歴」→「出金する仮想通貨のロゴ」→「出金」と選択していきましょう。

すると、ページ下部に出金内容を指定するフィールドが表示されます。

【ステップ2】出金アドレスと出金額、出金手数料を指定する

出金アドレス、出金額、出金手数料、2段階認証の認証番号の4項目を入力します。

出金アドレスは、事前準備でZaifに登録した出金先アドレスが表示されるので、その中から選択してくださいね。

2段階認証の認証番号は、Zaif向けの2段階認証で利用しているアプリ(Google Authenticatorなど)から番号を取得し、記入します。

すべての項目を入力して、最下部の「出金」をクリックすれば、仮想通貨の出金指示は終了です。

手数料について
出金手数料は、ブロックチェーンのマイニングのためにマイナーに支払われる手数料額です。指定範囲内で多めの手数料を支払えば処理が早くなります。

仮想通貨の出金手数料は?

出金通貨の種類手数料額の範囲
BTC0.0001 〜 0.01 BTC
XEM2 〜 20 XEM
MONA0.001 〜 0.1 MONA
Counterpartyトークン0.001 〜 0.1 BTC
BCH0.001 〜 0.01 BCH
ETH0.01 〜 0.05 ETH
CMS:XEM5 〜 25 XEM
CMS:ETH0.01 〜 0.05 ETH
ERC20トークン0.01 〜 0.05 ETH

仮想通貨の出金手数料は、各通貨のブロックチェーンのマイニングのために、マイナーに支払われる手数料です。

Zaifでは、通貨ごとに手数料の範囲を決め、その中でユーザーが手数料額を決定できる仕組みをとっています。

取引が込み合っているときに少ない手数料で指示すると、マイナーによる承認に長い時間がかかるので、状況に応じて手数料額を増減することが必要ですよ。

出金トラブル? Zaif(ザイフ)から出金できないときの5つのチェックポイント

Zaif出金トラブル

Zaif(ザイフ)から引き出した日本円や仮想通貨の移動が反映されるまで、とても不安ですよね。

ここでは、出金の反映が遅い場合にチェックするポイントをまとめています。

どれも重要な項目ですので、確実におさえておきましょう。

出金トラブル時のチェックポイント

日本円の出金エラーになったら何をチェックすればよい?

日本円の出金指示の際に「日本円出金エラー」と表示されることがあります。

この時は入力内容が正しいかどうかを確認しましょう。

例えば、金融機関の口座名義がZaifのアカウントと一致していないと出金が認められません。

ゆうちょ銀行は注意が必要
出金先がゆうちょ銀行の場合は、支店番号を数字(0,1,2…)ではなく、漢数字(〇、一、二…)で入力する必要があります。

出金の反映が遅いときは、まず出金履歴を確認しよう

Zaifに対して日本円・仮想通貨の出金を指示したのに、反映が遅いなと思ったらZaifの出金履歴を確認しましょう。

出金履歴は、「入出金と履歴」のページで見ることができます。

履歴に記載されていない場合は、Zaifへの出金指示が正しく受理されていない可能性が高いです。

履歴に記載されている場合は、まだ実行されていないか、出金先への反映が遅れているかのどちらかであることが分かります。

日本円の出金には時間がかかる

Zaifの日本円出金は、即座には実行されません。

当日23時59分までに申請された出金は、金融機関の翌営業日に処理が実行されます。

しかし、土日や祝日の場合は実行は遅れ、出金先の口座への反映は遅くなります。

日本円の出金の反映が遅い場合は、金融機関の営業日を確認してみましょう。

仮想通貨の出金先アドレスを間違えていないかを確認する

Zaifで仮想通貨の出金の際に出金先のアドレスを間違えると、通貨を失ってしまうトラブルにつながります。

出金時には、アドレスを間違えないよう何度も確認しましょう。

一度に多額を出金せず、最初は少額で試したのちに大きな金額を出金するのも、よい方法ですね。

出金キャンセルはできない
仮想通貨の出金が完了している場合は、出金キャンセルできません。XEMやMosaicトークンはメッセージの付け忘れも注意してください。

仮想通貨の出金が遅いときはトランザクションの込み具合をチェックする

仮想通貨の出金が反映されない時は、通貨のトランザクションが込み合っており、マイナーによる承認が遅れている場合があります。

各通貨ごとにトランザクションの承認状態を確認できるサイトがあるので、送金処理のステータスを確認しましょう。

未承認の状態であれば、時間がたてばいずれ承認されてZaifの口座に入金が反映されます。

また、Zaifの仮想通貨の出金ではマイナーに支払う手数料額をユーザーが変えられるので、急ぐときには手数料を増額してくださいね。

ビットコインの場合
ビットコインであれば、blockcypherのようなブロックチェーン閲覧サイトで、出金ステータスを確認できます。

Zaif(ザイフ)の出金についてのまとめ

Zaif ロゴ

この記事では、Zaif(ザイフ)からの日本円や仮想通貨の出金について説明しました。

出金手順やトラブル対処法のイメージがつかめましたね。

事前に口座やアドレスを登録するときは、慎重に行って資産を守りましょう。

Zaifは資産管理のセキュリティが万全なので、安心して入出金や取引ができますよ!

ct analysis

関連記事 同じライターから

同カテゴリの人気記事