AWSで簡単にVeChainThorのブロックチェーンをデプロイできるように
2019/02/20

AWSで簡単にVeChainThorのブロックチェーンをデプロイできるように

Shota【CRYPTO TIMES 公式ライター】

ShotaCRYPTO TIMES 公式ライター

CryptoTImesでは、仮想通貨に関するニュース他、海外のニッチな情報などを紹介していきます。Ethereumのレイヤー2の技術などに興味があります。

2月18日、Amazon Web Service (AWS)がエンタープライズ向けに、ワンクリックでVeChainThorのブロックチェーンをデプロイすることを可能にするサービスを開始したことが発表されました。

VeChainのBlockchain as a Service (BaaS)のソリューションは、2016年に最初のローンチが行われています。

このソリューションでは、NFTやRFIDなどのチップやブロックチェーン、個人認証技術、IoT、クラウドコンピューティング他、従来のITサービスが利用されており、ブロックチェーン技術を利用した包括的な企業向けITソリューションが提供されています。

今回のAWSにおけるサービス開始の発表により、顧客はVeChainを利用した以下のような様々なサービス・メリットを享受することができます。

  • Amazon Elastic Computing Cloud (Amazon EC2)における、VeChainThorをデプロイすることによる、データのアップロードやスマコンのデプロイ
  • Amazon Relational Database  Service (Amazon RDS)によるデータ永続性の担保とコスト削減Amazon Redshiftのデプロイにより、エンタープライズ顧客のデータ解析における効率が向上します。これは、企業のERPシステムとブロックチェーンシステムを接続し、標準化されたAPIを通じて恣意的にスマコンの呼び出しやデータのアップロードを行うことができることにより実現します。
  • Amazon EC2やElastic Load BalancingAmazon Cloud Frontを利用した、ERPなどからの加工前データの収集アプリケーションのバックエンドでは、AmazonRDSによりインターフェースを通してブロックチェーン上にデータの保管やアップロードが行われます

VeChainはAWSの技術パートナーとして、AWS Partner Network (APN)に参加し、企業運営や技術開発、マーケティングのサポートを受けていくことも発表されています。

記事ソース:AWS Services Enable One-Click VeChainThor Blockchain Deployment for Enterprises

関連記事 同じライターから

同カテゴリの人気記事