JCB、みずほ銀行、富士通、デジタルIDの相互運用に関する共同実証実験を開始
   公開日 : 2020/10/19

JCB、みずほ銀行、富士通、デジタルIDの相互運用に関する共同実証実験を開始

Crypto Times 編集部

ブロックチェーン専門メディアCRYPTO TIMES編集部です。CRYPTO TIMESのニュース、コラム、インタビューなど全ての編集を行っています。 元エンジニア出身なので、ブロックチェーンのノードを建てたり、簡単なスマコンの実装まで対応できます。Twitterもよろしく。

ct analysis

株式会社JCB、株式会社みずほ銀行、富士通株式会社の3社がデジタルで管理された個人の属性情報(デジタルアイデンティティ)に関して、ブロックチェーンを基盤とした異業種間でID情報を流通・連携する共同実証実験を10月より開始します。

 

 

実証実験では富士通が構築したクラウド基盤上で、データをセキュアに相互交換・連携する仕組みの検証を行います。JCB・みずほ銀行と取引がある富士通国内グループ社員約100人が参加し、約4か月間実施する予定です。

クラウド基盤には、株式会社富士通研究所のブロックチェーンを活用した自己主権型/分散型アイデンティティー流通技術「IDYX」を組み込み、構築しています。

今後JCB、みずほ銀行、富士通はユーザー主権で各社が持つID情報を相互に連携し、認証・更新することのできる、事業者とユーザー双方に利便性の高まるID情報活用の新たなサービスモデルを検討します。

記事ソース:PR Times

ct analysis

関連記事 同じライターから

同カテゴリの人気記事