ビットコイン反発も伸び悩む、暗号通貨巡る米財務省の発表が重し
   公開日 : 2021/05/21

ビットコイン反発も伸び悩む、暗号通貨巡る米財務省の発表が重し

Crypto Times 編集部

ブロックチェーン専門メディアCRYPTO TIMES編集部です。CRYPTO TIMESのニュース、コラム、インタビューなど全ての編集を行っています。 元エンジニア出身なので、ブロックチェーンのノードを建てたり、簡単なスマコンの実装まで対応できます。Twitterもよろしく。

20日の米国時間の取引で、暗号資産のビットコインが一時10%超反発しました。著名人のビットコインに関する発言が支援材料となったほか、押し目買いが入ったことが要因とされています。

ただ、暗号資産に関する米財務省の発表や米連邦準備理事会(FRB)のパウエル議長による発言が重しとなり、その後は伸び悩んでいます。

ビットコインは一時43000ドルまで上昇したものの、直近では約4%高の4万ドル近辺で推移しています。前日に28%下げたEthereumは約14%上昇しました。

米財務省は20日、バイデン政権の税制改革案には1万ドル以上の暗号資産を送金する場合の内国歳入庁(IRS)への報告義務が盛り込まれていると発表しました。

また、FRBのパウエル議長は20日、暗号通貨について、利用者や金融システム全般に潜在的なリスクをもたらす可能性があるとしました。

これに先立ち、米電気自動車大手テスラのイーロン・マスク最高経営責任者は19日、ツイッターでビットコインの保有分を売却しないとのメッセージを発信しました。

https://twitter.com/elonmusk/status/1395027147161489412?s=20

また、米投資会社アーク・インベストメント・マネジメントを率いるキャシー・ウッド氏はブルームバーグテレビジョンのインタビューで、依然としてビットコインが50万ドルになると見込んでいると表明しました。

一方、一部のアナリストによると、この日の反発は投資家心理が引き続き強気であることを示しているといいます。

クリプトホッパーのCEO、ルード・フェルトカンプ氏は「投資家は今回の急落局面を押し目買いの好機だと捉えており、『ビットコインを安値で取得する最後のチャンス』と見ている投資家は多い」と指摘しました。「強気相場が続くのか、それとも終わりの始まりなのかは数カ月以内に判明する」と語っています。

記事ソース:ロイター

関連記事 同じライターから

同カテゴリの人気記事