Bybit(バイビット)は本人確認不要!安全性や注意点を解説!
   公開日 : 2021/12/30

Bybit(バイビット)は本人確認不要!安全性や注意点を解説!

さっちゃんCRYPTO TIMES公式ライター

2017/12のピーク時から仮想通貨に触り始めました。こちらでは通貨・プロジェクトについてまとめた記事を書くことが多いです。クリプト外ではWebまわりの集客、広告に携わっていたりします。

ct analysis

Bybit(バイビット)は、2018年に設立されたFXに特化した海外の仮想通貨取引所です。

利用時に本人確認を必要としていないため、簡単な登録をすれば、すぐに取引を開始できます。

しかし、本人確認をしないと、セキュリティ面や安全面が少し心配になる方もいるかもしれませんね。

そこで、この記事ではBybitが本人確認なしでも安全な理由や注意点、本人確認しない場合の入金方法について解説します。

これさえ読めば、本人確認不要のBybitでも安心して取引を楽しめますよ!

Bybit(バイビット)は本人確認不要!安全性や基礎知識を知っておこう!

bybit本人確認

まずは、Bybit(バイビット)がどのような仮想通貨取引所なのか簡単に解説します。

Bybitは、登録時や利用時に本人確認が不要ですが、安全に利用できる工夫もきちんとされていますよ!

知っておくと安心して利用できるので、早速確認していきましょう。

Bybitの安全性や基礎知識

Bybitはシンガポールで設立された仮想通貨取引所

Bybitは、2018年3月にシンガポールで設立された仮想通貨取引所です。

仮想通貨のFXに特化しており、最大100倍のレバレッジをきかせた取引が可能で、日本語でのサポートも充実しているため、海外取引所の中でも注目されています。

また、スマホのアプリからもサービスが利用できるため、より手軽に取引や入金ができるのも人気の理由のひとつです。

Bybitは、海外取引所の利用が初めての方でも、使い勝手のいい取引所といえます。

処理能力の高さも魅力
高速エンジンによる高い注文処理能力があるため、売買のタイミングを逃すことなく迅速に約定できます。

Bybitでの取引には本人確認は不要

国内外の多くの取引所では、口座開設時や入金前などに本人確認を求められます。

しかし、Bybitでは取引開始にあたって本人確認は必要ありません

Bybitの口座開設は、メールアドレスまたは電話番号の登録のみとなっており、5分ほどで完了します。

すぐに取引を始めたいときにはとてもありがたい取引所ですね。

本人確認がなくても安全性は高い

口座開設が簡単で本人確認も必要ないと、セキュリティ面で大丈夫か不安に思う方もいるかもしれません。

Bybitは、仮想通貨の資産管理にマルチシグコールドウォレットを採用しています。

さらに、SSL認証や高度なセキュリティシステム、出金の厳重な審査なども行っており、ハッキングなどの被害に遭いにくく、安全性は高いです。

また、この記事ではユーザー独自で安全性を高める方法も解説しているので、「本人確認が必要ないBybit(バイビット)で安全に取引するための注意点を解説!」もチェックしておきましょう。

マルチシグコールドウォレットとは?
マルチシグコールドウォレットとは「複数の署名」が必要な「ネットから隔離されたウォレット」です。秘密鍵は複数必要&オフラインなので、外部からアクセスされず安全です。

【本人確認が必要な場合も?】Bybit(バイビット)への入金方法を確認しておこう!

bybit本人確認不要の入金

Bybit(バイビット)の入金に利用できるのは、ビットコイン(BTC)、イーサリアム(ETH)、リップル(XRP)、イオス(EOS)、テザー(USDT)といった仮想通貨のみです。

入金するときもBybitでは本人確認を必要としていません。

しかし、別の取引所から仮想通貨を入金するとき、入金元の取引所では本人確認が必要であることを認識しておきましょう。

ここでは、本人確認不要のBybitへ入金する方法について解説します。

Bybitへの2つの入金方法

【入金元で本人確認要】 他の仮想通貨取引所から入金する

Bybitに入金する1つ目の方法は、他の仮想通貨取引所から入金する方法です。

入金する流れは以下の通りです。

  1. Bybitのトップページの右上にあるメニューから「個人資産」をクリック
  2. 入金したい通貨の「入金」をクリック
  3. 入金アドレスをコピーして入金元のウォレットで手続きする

このように、すでに他の取引所で仮想通貨を所持している場合、そこからBybitに送金するだけでOKです。

このとき、他の取引所では本人確認が必要であることを覚えておきましょう。

多くの仮想通貨取引所では、以下のような本人確認を求められます。

  • 運転免許証などの本人確認書類の提出
  • 本人確認書類や顔写真の撮影
  • 認証コードの受取りや配達員による照会

本人確認には早くても数時間~1週間ほどの時間がかかります。

他の取引所を開設していない人や仮想通貨を持っていない場合は、次で解説する「【本人確認不要】 クレジットカードで仮想通貨を購入する」の方法がおすすめです。

【本人確認不要】 クレジットカードで仮想通貨を購入する

Bybitに入金する2つ目の方法は、「暗号資産の購入」機能を使って、クレジットカードで仮想通貨を購入する方法です。

Bybitの入金は仮想通貨のみですが、クレジットカードで通貨を購入することで、実質的に日本円での入金が可能になります。

決済に利用できる国際ブランドはVISAとMasterCardの2種類で、JCBなどは利用できません。

また、仮想通貨のクレジットカードでの購入には4%程度の手数料がかかるので注意してください。

クレカ対応の通貨は少ない
クレジットカードで購入できるのは、ビットコイン(BTC)、イーサリアム(ETH)、テザー(USDT)の3種類のみです。選択肢は少ないですが、Bybit内で入金完了するのはメリットですね。

本人確認が必要ないBybit(バイビット)で安全に取引するための注意点を解説!

Bybit本人確認不要の注意点

最後に、本人確認が不要のBybit(バイビット)で安全な取引をするために、気を付けておきたい注意点を解説します。

いくら安全性が高い取引所とはいえ、自分でも対策に取り組んでおくことに越したことはありません。

難しいことはないので、しっかり確認して対策しておきましょう!

安全に取引するための注意点

登録するときのパスワードを強度の強いものに設定する

Bybitで安全に取引するために、登録時に設定するパスワードの強度を上げておきましょう。

以下のようなポイントをできるだけ多く網羅しておくと、パスワードの強度が上がります。

  • 大英字と小英字を両方入れる
  • 数字を入れる
  • #、%、*などの記号を入れる
  • 文字数をできるだけ多くする

上記を含むパスワードを自分では思いつかない場合には、パスワードの自動生成ツールを使うと便利です。

単純な文字の羅列や誕生日など、簡単に推測できるようなものは避け、できるだけ複雑なものに設定しておくとより安全にBybitを利用できますよ。

必ず二段階認証を設定しておく

Bybitで安全に取引するために、二段階認証を必ず設定しておきましょう。

Bybitでは以下の3つの二段階認証を設定できます。

  • Eメール認証
  • 携帯電話SMS認証
  • Google認証

ログイン画面の右上にあるメールアドレスまたは電話番号をクリックすると、二段階認証を設定できるページになります。

取引を始める前に、必ずこれら3つの二段階認証を全て設定しておきましょう!

高額の資産を預け過ぎないように別管理する

Bybitで安全に取引するために、高額の資産を預けすぎないように注意しましょう。

保有している資産を一つの取引所にすべて預けおくと、その取引所がハッキング被害にあった場合、一気に資産を失ってしまいます。

取引所自体が倒産する可能性も0ではありません。

そのため、資産が増えてきたときはできるだけ複数の取引所で別々に管理するようにしてくださいね。

まとめ

bybit

この記事では、Bybitの本人確認について、基礎知識や安全性を高める方法、入金方法も解説しました。

Bybitでは取引や入金するときに本人確認が必要なく、簡単な登録ですぐに口座開設できることが分かりましたね。

海外の取引所でありながらサポートが手厚く、セキュリティを上げるためのシステムもしっかりしています。

さらに、今回紹介したような、自分で安全性を高める方法も合わせて行うことで、Bybitをより安心して使えますよ!

ct analysis

関連記事 同じライターから

同カテゴリの人気記事