CT Analysis『Checks VV 概要と動向レポート』を公開
   公開日 : 2023/02/21

CT Analysis『Checks VV 概要と動向レポート』を公開

Crypto Times 編集部

ブロックチェーン専門メディアCRYPTO TIMES編集部です。CRYPTO TIMESのニュース、コラム、インタビューなど全ての編集を行っています。 元エンジニア出身なので、ブロックチェーンのノードを建てたり、簡単なスマコンの実装まで対応できます。Twitterもよろしく。

ct analysis

CRYPTO TIMESが提供するリサーチレポートコンテンツ『CT Analysis』が『Checks VV 概要と動向レポート』を公開しました。

今回の最新レポートや過去のレポートは、アップデートしてさらに読みやすくなったCT Analysisの新ホームページ (https://ct-analysis.io/)よりご覧いただけます。

会員登録することでいつでも、過去のレポートを読むことができるので下記のWebsiteよりアクセスください。

CT Analysis『Checks VV 概要と動向レポート』について

今回のレポートでは、海外中心に話題となっている『Checks VV』をリサーチ、考察した内容となっています。1月3日にNFTがリリースされ、1ヶ月も経たない間に話題となりました。Twitterの認証マークをモチーフとしたNFTプロジェクトとなっております。

Checks VVは、jackbutcher氏が制作したNFTとなっており1月3日に8ドルのOpen EditionでNFTが発行されました。24時間限定のプライマリーセールで16031枚のNFTがミントされました。NFT絵柄は、8×10のグリッドにチェックマークが描かれている絵柄となっています。

その後バーン機能を発表し、2月にはフロアプライスが2ETHを超えるまで成長をしていきました。シンプルなコンセプトとビジュアルが特徴的なNFTです。

jackbutcher氏はビジュアルアーティスト、起業家として実績のある人物であります。ビジュアルコンテンツを提供する『Visualize Value』の創設者でもあります。

シンプルな形と色のアイディアで表現をするスタイルとして認知されており、企業のポスター、デジタルアート、イラストなど幅広い作品をこれまで提供しています。NFT作品自体は、2021年からFoundation等で販売をして実績を残しています。

レポート後半では、Checks VVに関して考察を行っています。成功要因を分解して解説しており、PFP NFTプロジェクトとは違ったベクトルで成功したことがわかります。

また、バーンシステムよって変動する発行枚数に関しても考察をしています。Checks VVはバーンシステムによってさまざまなバージョンに変化をしていきます。これにより発行枚数が変動するので、どのバージョンが希少性を持っていくのか予想がつきにくい状況となっています。

CT Analysisについて

2020年2月12日より暗号通貨/ブロックチェーン専門メディアCRYPTO TIMES ( https://crypto-times.jp )が提供開始した、暗号通貨/ブロックチェーンの分野に特化したリサーチレポートコンテンツです。

今後、暗号通貨/ブロックチェーン分野は更に注目が集まることが予想されるものの、技術者から投資・事業家まで様々な参加者がおり、各々の求める情報は見つけづらく、また議論は英語で行われることが多いため、リサーチコストが高くなる傾向があります。

CT Analysisでは、3年間業界に携わりながら運営してきた知見やデータを活用して一般ユーザーから事業者まで、幅広いデータ・分析需要に応えることを目標として、専門性とわかりやすさを追求したリサーチ・レポートを提供していきます。

また、パートナー企業の強みを生かしたリサーチレポートも提供しており、オンチェーンデータやオフチェーンデータ、クリプト市場に関するセンチメントデータ、ユーザーの予測を機械学習で最適化したデータなどの情報を使ったレポートの配信も予定しています。また、これらは日本だけでなく、世界各国の情報も取り入れたコンテンツの配信を予定しています。

okcoin japan 720

関連記事 同じライターから

同カテゴリの人気記事