CT Analysis第11回レポート『トークン販売・配布手法の変遷 及びトークンエコノミクスの最新動向』を無料公開
   公開日 : 2020/09/30

CT Analysis第11回レポート『トークン販売・配布手法の変遷 及びトークンエコノミクスの最新動向』を無料公開

Crypto Times 編集部

Crypto Times 編集部

ブロックチェーン専門メディアCRYPTO TIMES編集部です。CRYPTO TIMESのニュース、コラム、インタビューなど全ての編集を行っています。 元エンジニア出身なので、ブロックチェーンのノードを建てたり、簡単なスマコンの実装まで対応できます。Twitterもよろしく。

ct analysis

CRYPTO TIMESが提供するリサーチレポートコンテンツ『CT Analysis』が、第11回の配信レポートとして『トークン販売・配布手法の変遷 及びトークンエコノミクスの最新動向』を無料公開しました。

過去のレポートは全て無料でCT Analysisホームページ ( https://analysis.crypto-times.jp )よりダウンロードができます。

1度メールアドレスを登録された方は、レポートが公開される度に登録メールアドレス宛に最新レポートが届きます。(隔週目処)   

第11回『CT Analysis』が提供する無料レポート『トークン販売・配布手法の変遷 及びトークンエコノミクスの最新動向』に関して


第11回目となる今回のレポートでは、ビットコインをはじめとする仮想通貨の基本的な解説から、その分類や販売・分配手法にフォーカスした内容となっています。

トークンを利用したアプリケーション群の成熟に伴い、これまでユーティリティ・セキュリティとして分類されていたトークンに対し、ガバナンストークン債券トークンといったより詳細なターミノロジーが登場しています。

仲介者を介さないトークンの販売手法も、17年のICOバブルの教訓を経てさらに前進しており、DeFi(分散型金融)のインフラ成熟と共にこれらを利用したトークンオファリングの手法としてIDO(Initial DEX Offering)といった販売手法が実現しました。

一方で販売を伴わない、コミュニティに対するトークン分配の手法も『フェアローンチ』として世界的な注目を集めています。

DeFi(分散型金融)の火付け役として注目された『YAM』や『Yearn Finance』などは、このフェアローンチの手法を利用してコミュニティへのトークン分配が行われた代表的なプロジェクトになります。

また、トークンのインセンティブ設計に関しても、流動性の調達コストやプロトコルの成長の最大化を目指す活用効率などの観点から、大きな注目を集めたUniswap(ユニスワップ)を例として詳細に解説しています。

CT Analysisについて

2020年2月12日より暗号通貨/ブロックチェーン専門メディアCRYPTO TIMES ( https://crypto-times.jp )が2月12日より提供開始した、暗号通貨/ブロックチェーンの分野に特化したリサーチレポートコンテンツです。

今後、暗号通貨/ブロックチェーン分野は更に注目が集まることが予想されるものの、技術者から投資・事業家まで様々な参加者がおり、各々の求める情報は見つけづらく、また議論は英語で行われることが多いため、リサーチコストが高くなる傾向があります。

CT Analysisでは、2年間業界に携わりながら運営してきた知見やデータを活用して一般ユーザーから事業者まで、幅広いデータ・分析需要に応えることを目標として、専門性とわかりやすさを追求したリサーチ・レポートを提供していきます。

また、パートナー企業の強みを生かしたリサーチレポートも提供しており、オンチェーンデータやオフチェーンデータ、クリプト市場に関するセンチメントデータ、ユーザーの予測を機械学習で最適化したデータなどの情報を使ったレポートの配信も予定しています。また、これらは日本だけでなく、世界各国の情報も取り入れたコンテンツの配信を予定しています。

関連記事 同じライターから

同カテゴリの人気記事