Flowの偽アカウントでフィッシング詐欺発生 | IDは一文字違いか
   公開日 : 2022/11/25

Flowの偽アカウントでフィッシング詐欺発生 | IDは一文字違いか

Crypto Times 編集部

ブロックチェーン専門メディアCRYPTO TIMES編集部です。CRYPTO TIMESのニュース、コラム、インタビューなど全ての編集を行っています。 元エンジニア出身なので、ブロックチェーンのノードを建てたり、簡単なスマコンの実装まで対応できます。Twitterもよろしく。

ct analysis

Flowチェーンの公式Twitterアカウントを模した偽アカウントによるフィッシング詐欺が発生し、数百万ドルの被害が生じていることがセキュリティサービスプラットフォームGoPlus Securityの報告により判明しました。

フィッシング詐欺を行なっている偽アカウントは、Flow公式アカウントのフォロワー18.7万人に近い15.7万人のフォロワーを保有。さらに公式アカウントのTwtter ID「@flow_blockchain」を一文字だけ変えたIDを利用しているとしています。

偽のTwitterアカウントでは、エアドロップを行なっている情報が告知され、サイトにアクセスしてウォレット接続を行なったユーザーは不正な資金引き出しによる被害を受けているとしています。

先日バグバウンティプラットフォーム「Immunefi」が、2022年Q3に仮想通貨業界で発生したハッキングや詐欺による損失総額が4.2億ドル(当時約620億円)にのぼるとするレポートを公開しました。

経営破綻したFTXのウォレットがハッキングされ6億ドル以上の資産が流出するなど、ハッキングや詐欺が頻発しており、ユーザーは従来以上に警戒することが必要となっています。

記事ソース:Twitter

関連記事 同じライターから

同カテゴリの人気記事