少年ジャンプ「約束のネバーランド」のブロックチェーンを活用したコミュニティサービスの提供が開始
   公開日 : 2020/10/23

少年ジャンプ「約束のネバーランド」のブロックチェーンを活用したコミュニティサービスの提供が開始

Crypto Times 編集部

ブロックチェーン専門メディアCRYPTO TIMES編集部です。CRYPTO TIMESのニュース、コラム、インタビューなど全ての編集を行っています。 元エンジニア出身なので、ブロックチェーンのノードを建てたり、簡単なスマコンの実装まで対応できます。Twitterもよろしく。

エンタテインメント業界のDXを推進する株式会社Gaudiyが、週刊少年ジャンプで連載された「約束のネバーランド」の、ブロックチェーンを活用したコミュニティサービスの提供を開始しました。

人気漫画約束のネバーランドにて、10月2日よりブロックチェーンを活用した公式コミュニティ「みんなのネバーランド」が開設、運用を開始しています。

同社は同時にコミュニティサービスの機能であるブロックチェーンを活用した分散ID管理のシステム「Gaudiy-DID System」を活用した取り組みの検討も行っています。

Gaudiy-DID Systemは、ブロックチェーン上で構築された分散型IDを利用することで、個人情報を企業ではなくユーザー自身が管理することが可能となります。

漫画分野でブロックチェーンを活用した事例にはHashpaletteが運営するブロックチェーンを用いた漫画用クラウドファンディングプラットフォーム「コミカブ」などがあります

記事ソース:PR Times

関連記事 同じライターから

同カテゴリの人気記事