マンU、Tezosとスポンサーシップ提携。年間31億円で複数年契約
   公開日 : 2022/02/04

マンU、Tezosとスポンサーシップ提携。年間31億円で複数年契約

Crypto Times 編集部

ブロックチェーン専門メディアCRYPTO TIMES編集部です。CRYPTO TIMESのニュース、コラム、インタビューなど全ての編集を行っています。 元エンジニア出身なので、ブロックチェーンのノードを建てたり、簡単なスマコンの実装まで対応できます。Twitterもよろしく。

ct analysis

マンチェスター・ユナイテッドが、ブロックチェーンプラットフォーム「Tezos」とトレーニングキットのスポンサーシップを年間2000万ポンド(約31億円)で複数年結んだことがわかりました。

マンチェスター・ユナイテッドは昨シーズンまで米保険会社Aonと8年間1億2000万ポンド(約187億円)で契約しており、今シーズンからTezosがスポンサーとなります。

クラブのトレーニングセンターでのプロモーション資料撮影はすでに完了しており、具体的なデザインは今後公開されていく見込みです。

Tezosは昨年、過去に野茂 英雄氏や新庄 剛志氏が在籍したメジャーリーグチーム「ニューヨーク・メッツ」のスポンサーとなるなどスポーツ業界に積極的に進出しています。

 

広がる「暗号通貨 × スポーツ」

暗号通貨プロジェクトのスポーツ業界への進出はTezosだけに留まりません。

先日、バルセロナが新たなスポンサーとして、Web3.0実現を目指すプロジェクト「Polkadot」を候補に入れていると発表しました。

バルセロナの現スポンサーである楽天、Bekoとの契約は7月に終了し、新しいスポンサー契約候補として、Spotify、Polkadot、Tencent、Vegan Nationsが挙げられています。

業界インフルエンサーや、Polkadot関連のプロジェクト開発者によると、すでにバルセロナとPolkadotの契約は確定しており、5年間126億円で契約が結ばれているとしています。(公式は未発表)

コミュニティ内で共有されている画像によると、Polkadotのロゴがユニフォームの右腕部分に印字される予定です。

CoinbaseがNBAと、FTXがMLBと提携するなど暗号通貨業界のスポーツ業界進出が進んでいます。

記事ソース:The AthleticFCBN

ct analysis

関連記事 同じライターから

同カテゴリの人気記事