「Astarと共に」NTTドコモ、Web3領域へ6000億円を投資 | イニシアティブ獲得へ
   公開日 : 2022/11/08

「Astarと共に」NTTドコモ、Web3領域へ6000億円を投資 | イニシアティブ獲得へ

Crypto Times 編集部

ブロックチェーン専門メディアCRYPTO TIMES編集部です。CRYPTO TIMESのニュース、コラム、インタビューなど全ての編集を行っています。 元エンジニア出身なので、ブロックチェーンのノードを建てたり、簡単なスマコンの実装まで対応できます。Twitterもよろしく。

ct analysis

日本最大手の通信サービス会社NTTドコモが、Web3領域への新規投資として6000億円を注ぎ込むと日本経済新聞の報道により明らかとなりました。

NTTドコモはWeb3領域に特化した新たな会社を2023年を目処に立ち上げ、5~6年の期間で5~6000億円を投資予定。

  • ブロックチェーンウォレット
  • 仮想通貨取引
  • トークン発行
  • セキュリティ

などの分野に着手していくとしています。

先日、NTTドコモは日本発のパブリックチェーンプロジェクトAstar Networkを手掛けるStake Technologies社と、Web3の普及において協力して取り組む基本合意を締結しました。

Astar Networkは、異なるブロックチェーン同士を結ぶハブを目指すプロジェクトで、すでにCoinbase、Alameda、Binanceなど世界各国の大手仮想通貨関連企業からの資金調達を行なっています。

今回の発表の中でNTTドコモは「Astar Networkと共にイニシアティブをとり、DAO型アプローチによって多様な業界・業種からの参加・連携を図る」と述べています。

記事ソース:資料日本経済新聞

 

関連記事 同じライターから

同カテゴリの人気記事