PayPal CEOが暗号通貨の取り扱い通貨の拡大意向を表明
   公開日 : 2020/11/04

PayPal CEOが暗号通貨の取り扱い通貨の拡大意向を表明

Crypto Times 編集部

ブロックチェーン専門メディアCRYPTO TIMES編集部です。CRYPTO TIMESのニュース、コラム、インタビューなど全ての編集を行っています。 元エンジニア出身なので、ブロックチェーンのノードを建てたり、簡単なスマコンの実装まで対応できます。Twitterもよろしく。

ct analysis

先日暗号資産業界への参入を明らかにしたPayPal CEOが、取り扱い通貨拡大の意向を表明しました。

同氏はCBDCについて言及しており、将来的に金融当局が発行するデジタル形態の通貨の取り扱いを行う可能性を示唆しました。

CEOであるSchulman氏は「私たちのプラットフォームは、デジタルウォレットによってこれらの通貨の有用性を形作ることができると思います。その範囲は、ウォレット間の相互運用性から、通貨間の相互運用性、そして重要な商取引のためのネットワークにまで及びます。」とコメントしています。

PayPalは先日、暗号資産業界へ進出することを発表し、米国のユーザーはPayPalのオンラインウォレットを使って、ビットコインや他の仮想資産(イーサリアム、ライトコイン、ビットコインキャッシュ)を売買、保有できるようになる予定です

記事ソース:The Block

関連記事 同じライターから

同カテゴリの人気記事