米証券取引委員会(SEC)、ICOで1460万ドルを調達したICOBoxを起訴
   公開日 : 2019/09/19

米証券取引委員会(SEC)、ICOで1460万ドルを調達したICOBoxを起訴

YuyaCRYPTO TIMES公式ライター

米証券取引委員会(SEC)は18日、2017年に実施されたICOで約1460万ドルを調達したICOインキュベーター「ICOBox」と、同社創設者のNikolay Evdokimoを起訴したことを発表しました。

ICOBoxは独自トークン「ICOS」を2000人以上の投資家に販売し、トークン価値の上昇や、他のトークンを割引価格で購入できる権利などを約束していました。

しかし、現状ICOSトークンは無価値に等しいとする苦情が確認されたほか、無許可でブローカー業務を行なったことも報告されました。

SECはICOBoxが連邦証券法に違反したとして、差止命令と不正利得の返済に加え、民事罰を科すことを求めています。

(↓関連記事↓)
米SEC、2017年にSAFTを実施したプロジェクトを摘発
米SEC、EtherDeltaを未登録の証券取引所として運営に罰金命令
米SECが認可受領済を偽ったプロジェクトを告訴する

記事ソース: U.S. Securities and Exchange Commission

関連記事 同じライターから

同カテゴリの人気記事