【約570億円】昨年のメタバース内の不動産売上が判明
   公開日 : 2022/02/02

【約570億円】昨年のメタバース内の不動産売上が判明

Crypto Times 編集部

ブロックチェーン専門メディアCRYPTO TIMES編集部です。CRYPTO TIMESのニュース、コラム、インタビューなど全ての編集を行っています。 元エンジニア出身なので、ブロックチェーンのノードを建てたり、簡単なスマコンの実装まで対応できます。Twitterもよろしく。

ct analysis

昨年のメタバースでの不動産売上が5億100万ドル(約573億円)に達することがMetaMetric Solutionsの報告により判明しました。

FacebookがMetaに改名したことをきっかに大きなムーブメントが起きたとされるメタバース市場は現在も高い注目を集めており、先月1月の売上高は8500万ドル(約97億円)を超えています。

“「(メタバース投資は)大きなリスクがあるが、大きな報酬が得られる潜在的な可能性を持っている。- 引用元:CNBC」”

こうコメントするのは、昨年6月に人気メタバースプロジェクト「Decentraland」の土地を91万ドル(約1億円)で購入するなど、メタバース分野に積極的に投資を行っている不動産投資企業「Republic Realm」CEO ジャニン・ヨリオ氏です。

Republic Realmは、Decentraland以外にも「The SandBox」の土地を430万ドル(約4億9000万円)で購入しており、現在は購入した土地の中に100個の島を開発中で、90の島がそれぞれ15,000ドルで販売されています。

企業だけでなく、アーティストのメタバースへの参入も続いています。

昨年には、人気ラッパーのSnoop DoggがThe SandBoxとコラボし、ゲーム内での限定コンサートを企画するなどして話題を集めました。

“メタバース”という言葉の定義や、メタバースとNFTの関係などについてインターネット上では日夜議論が行われており、今後の動向に注目が集まります。

CRYPTO TIMESが提供するリサーチレポート「CT Analysis」では、最新レポートで『Decentraland』を特集しています。

記事ソース:CNBC

関連記事 同じライターから

同カテゴリの人気記事