市場指標は前サイクルの主要な転換点まで戻る:次のブルマーケットは来るのか?
   公開日 : 2022/08/23

市場指標は前サイクルの主要な転換点まで戻る:次のブルマーケットは来るのか?

Crypto Times 編集部

ブロックチェーン専門メディアCRYPTO TIMES編集部です。CRYPTO TIMESのニュース、コラム、インタビューなど全ての編集を行っています。 元エンジニア出身なので、ブロックチェーンのノードを建てたり、簡単なスマコンの実装まで対応できます。Twitterもよろしく。

平和だったと思われる7月を経てEthereum、Bitcoin、アルトコインが反発し始めると、暗号市場はパニック的な感情を吸収したように見えます。それにもかかわらず、暗号資産コミュニティの投資家は特に静かなままでした。おそらく、一連の暗号資産での失敗が彼らをより慎重にさせたのでしょう。不完全な統計ではありますが資本市場に目を向けると、先週ブロックチェーン分野で44件の資金調達活動が行われました。

特にインフラ・ツールのカテゴリーでは13件の資金調達が行われ、最大で1億5千万ドルを調達し、ブロックチェーンの投資先として最も人気の高いものとなっています。2番目にホットな分野であるNFTとメタバースでは11の資金調達案件があり、最大の案件は1100万ドル相当でした。

大雑把に言えば、こうしたアクションは2つのシグナルを放ったと考えられます。1)暗号資産の将来に自信を持ち、資本市場は世界的な流動性の逼迫にもかかわらず、暗号資産への投資を選択した。一方機関投資家は、暗号市場はまだ初期段階にあるため、より多くのインフラが必要になると考えている。2)大口投資家は、NFTとメタバースに関して慎重であった。とはいうものの、このカテゴリが注目の的であり続けたことは、次の市場サイクルを開始する可能性を示唆しています。

先週、FRBは再び大幅な利上げ(今年4回目)を発表し、連邦預金金利を75bps引き上げ、2.25%~2.5%のレンジに設定しました。世界的な流動性逼迫に直面し、暗号市場が単独で強気になることはないでしょう。

しかしながら、暗号市場にとってこれは危険であり、またチャンスでもあります。一連のデレバレッジイベントの後、ほとんどの不良暗号資産が露出し、ホットマネーを追いやりました。その後、より多くの機関投資家が暗号資産に再参入し、次の瞬間を待ちます。このサイクルの間、市場はより大きくなりながら、規制も強化されるでしょう。

関連する数字を見ると、アクティブなBTCアドレスの数は、前回のブルマーケットで記録された数字と比較してあまり変わっておらず、ピークの数字の一部だけが下がっていることが分かります。一方、アクティブなETHアドレスの数は、最近の市場のリバウンドに伴って急増しています。なお、先週はETHのデポジットアドレスが取引所で高活性を維持し、今年の新記録を達成したが、その後、数値は急落しています。

次に、BitcoinとEthereumの資金流入状況を確認すると、両者とも先週を通して安定的に推移しています。

最後に、レインボー・プライス・チャートから、現在の相場状況を聞いてみましょう。下図が示すように、Bitcoinは「基本的に特売」、Ethereumは「特売」から「割安」へと移行しています。両者の動向は、前回のブルサイクルの始まりとなる2020年3月に記録されたトレンドに似ています。

民間経済の拡大に伴い80対20の法則が変化し、今や人口の1割が世界の富の9割を所有するようになりました。一方、インターネットを支配するオリガルヒ(寡頭体制の支配者)が作った繭の中に閉じ込められる人々が増えています。自立した思想家ではなく、従順な人間になってしまったのです。しかし一部の個人が目覚め、インターネットを通じてより多くの人々に影響を及ぼしており、これはブロックチェーンと暗号市場の価値がますます高まることを意味しています。

技術的な観点から見ると、インターネットは現代の新自由主義経済の新たな高みを象徴していますが、一部の人たちによってコントロールされているように見えます。そのような世界では、いわゆる特許はオリガルヒを守る傘に過ぎなかったりするのです 。

暗号資産は自由な経済取引を可能にし、より多くの人々が自分のもの(例えばプライバシーや自由)を取り戻せるようにすることを目的としています。にもかかわらず、ほとんどの人にとって、この業界は高い壁で囲まれています。そのためこの壁の中にいるすべての人が、世界的に有名な取引所であるCoinExと一緒に「暗号取引をより簡単にする」ことに参加する必要があります。

先ごろCoinExは、暗号投資家が利益を得やすいように、また外部のユーザーに「新しい世界」に参加する機会を提供するために、最大60%の紹介手数料があるCoinExアンバサダー(先物特別プログラム)を導入しました。プログラムの詳細については、https://www.coinex.com を参照してください。

免責事項:本記事は投資に関するアドバイスではなく、ここに記載されたすべての統計情報は参考情報です。投資判断のために依拠することはお控えください。その責任はすべて投資家が負うものとします。


Press Released Article

※本記事は企業が発信するプレスリリース記事となります。サービスのご利用、お問い合わせは直接ご提供元にご連絡ください。

ct analysis

関連記事 同じライターから

同カテゴリの人気記事