Tornado Cashへの制裁は暗号資産規制の始まりに過ぎない
   公開日 : 2022/08/29

Tornado Cashへの制裁は暗号資産規制の始まりに過ぎない

Crypto Times 編集部

ブロックチェーン専門メディアCRYPTO TIMES編集部です。CRYPTO TIMESのニュース、コラム、インタビューなど全ての編集を行っています。 元エンジニア出身なので、ブロックチェーンのノードを建てたり、簡単なスマコンの実装まで対応できます。Twitterもよろしく。

ct analysis

先週、Tornado Cashに対する制裁は、最もホットな暗号資産関連のトピックでした。8月8日、米国財務省外国資産管理局(OFAC)は、Tornado Cashを特別指定国民(SDN)と呼ばれるブロックされた国や人のリストに加え、さらにウェブサイトと45のイーサリアムウォレットのアドレスも追加しました。Trnado Cashとは何か、なぜ制裁対象になったのか、知らない個人投資家も多いのではないでしょうか。

暗号資産ミキサーであるTornado Cashは、ユーザーが暗号資産を混ぜて取引経路を隠すことで、資金の出所を隠せるようにするツールです。これにより、暗号資産保有者のプライバシーを効果的に保護し、より多くの人が暗号資産を使用しながら強化されたプライバシーを享受できるようになります。Dune Analyticsによると、3,497,632 ETHがこのイーサリアムベースのミキサーに入金されています。取引手数料で18,526,769ドルを獲得したTornado Cashは、現在12,243人の預金者にサービスを提供しています。

制裁の理由についてOFACは、同社が2019年に設立されて以来、マネーロンダリングに使用される70億ドル相当の暗号資産に関与していると述べています。OFACによると、ミキサーは北朝鮮の国営ハッカー集団「Lazarus Group」が米国から科された罰則を逃れる手助けもしたということです。 プロトコルは誰でも利用できるため、主なユーザー層にはハッカーのようにプライバシーに大きなニーズを持つ人たちが含まれます。そのことが、米国の規制当局がこのプログラムを最初に狙うことにした理由の一部かもしれません。

それとは別に、Tornado Cashの共同創設者であるRoman Semenovは、彼個人のGitHubアカウントが停止され、彼の個人リポジトリも閉鎖されたことをツイートしました。その後、Tornado CashのGitHubのコードリポジトリは削除されました。

事件発生後、Brian Armstrong、Beeple、Shaq、Jimmy Fallonなど多くの著名人のENSウォレットアドレスにTornado Cashが混入したETHを送る者が現れ始め、Tornado関連のアドレスリストがさらに汚染されることになりました。

同時に、Gitcoin、Infura、Alchemy、dYdX、MakerDAO、Pocket Network、Aave、Uniswap、Krakenなど多くの機関やDeFiプロトコルも、Tornado Cashの資金が関わるアカウントの停止を開始しました。こうした措置にもかかわらず、ほとんどの機関がTornado Cashへの支持を表明しました。

Tornadoの制裁はまだ終わっていません。8月12日、Tornado Cashの共同設立者の1人であるAlexey Pertsevがオランダで逮捕されました。オランダ当局によると、Pertsevは「犯罪資金の流れを隠蔽し、マネーロンダリングを促進することに関与した疑いがある」ということです。彼の逮捕を受けて、Tornado Cashの公式DiscordチャンネルとDAOは共に停止されました。

幸いなことに、Tornado Cashは分散型アプリケーションであるため、コードが削除されたとしても、そのアプリケーションはイーサリアムネットワーク上で実行することができます。規制による取り締まりは、単に開発者がアプリを更新し続けることができなくなることを意味しています。

この制裁をめぐる論争でスポットライトを浴びているのが、プライバシーの問題です。はっきり言って、Tornado Cashは単なるツールであり、ミキサーは犯罪者がマネーロンダリングに使うものではありますが、法を守る機関にも役立っています。簡潔に言えば、Tornado Cashが自発的に犯罪者にサービスを提供していないのであれば、制裁が正当化されるのか疑問が残ります。

分散化は、それ自体権威への挑戦です。そのため、世界の規制当局が暗号市場の規制を強化することは予見可能であり、Tornado Cashに対する制裁はそのきっかけに過ぎません。

最後に、Cypherpunks:「Freedom and the Future of the Internet(インターネットの自由との未来)」の名言で締めくくりたいと思います。「情報黙示録の四騎士 – 児童ポルノ、テロ、マネーロンダリング、一部の麻薬に対する戦争。それらはマフィアや外国人諜報員などと同じように、そのようなシステムを建てるために人々が受け入れる言い訳である。」 絶対的なプライバシーは実現不可能な目標であります。

CoinExがCoinExアンバサダー(先物取引特別プログラム)を開始したことも注目されます。2022年7月25日から10月25日まで、CoinExアンバサダー(先物特別プログラム)は、アンバサダーの紹介リンクまたはコード経由で登録され、CoinExで先物取引を開始すれば、紹介したユーザーが支払った先物取引手数料の60%のコミッションを受け取ることができます。この素晴らしいプログラムを利用すれば、現在の弱気相場にもかかわらず、簡単に利益を得ることが可能です。リンクをクリックして今すぐ申し込みましょう: https://www.coinex.com/activity/ambassador


Sponcerd Article

※本記事は企業が発信するプレスリリース記事となります。サービスのご利用、お問い合わせは直接ご提供元にご連絡ください。

関連記事 同じライターから

同カテゴリの人気記事