CoinGeckoがエアドロップを実施 | 保有するキャンディーに応じて$ACSトークンを配布
   公開日 : 2022/12/09

CoinGeckoがエアドロップを実施 | 保有するキャンディーに応じて$ACSトークンを配布

Crypto Times 編集部

ブロックチェーン専門メディアCRYPTO TIMES編集部です。CRYPTO TIMESのニュース、コラム、インタビューなど全ての編集を行っています。 元エンジニア出身なので、ブロックチェーンのノードを建てたり、簡単なスマコンの実装まで対応できます。Twitterもよろしく。

仮想通貨データプラットフォームCoinGeckoがキャンディーを集めていたユーザーを対象にエアドロップを実施します。

配布されるのは、Web3.0のPaywallプロジェクト「Access Protocol」の$ACSトークンで、キャンディあたりの配布量は下記となります。

  • 800 🍬 = 250 $ACS (引き換え最大2回)
  • 1500 🍬= 500 $ACS (引き換え最大2回)
  • 2800 🍬 = 1000 $ACS (引き換え最大1回)
  • 6000 🍬 = 2500 $ACS (引き換え最大1回)
  • 11000 🍬= 5000 $ACS (引き換え最大1回)

Access Protocolは、コンテンツを提供するサイトにソリューションを組み込むことで、プレミアムコンテンツを有料で提供できる機能を手掛けているプロジェクトです。

今回、配布される$ACSはCoinGeckoのプールに自動でステーキングされ、ステーカーはCoinGeckoが提供する「Gecko Ramblings」のニュースレターへのアクセスが可能に。ステーキングによって発生した報酬の換金や譲渡は行えるとしています。

CoinGecko x Access Protocolのエアドロップは、2022年12月9日から2023年1月15日まで、または償還が終了するまで実施予定となっています。

$ACSの請求方法

CoinGeckoにログインした状態でRewardsにアクセスし、対象の報酬をクリックして「Redeem Now」をクリック。

Googleフォームに飛んだ後、Solanaのウォレットアドレス等の必須事項とコードを入力すればエアドロップの請求は完了となります。

先日、CRYPTO TIMESは今回CoinGeckoが提携しているAccess Protocolと提携しました。

弊社が提供するリサーチレポートコンテンツ「CT Analysis」では新サービスとして2023年初頭よりサブスク型のプレミアム型コンテンツの提供を行います。

Access Protocolのインテグレーションを利用することで、上記CT Analysisの一部のコンテンツを利用できるプレミアム・リサーチ・サービスを開始予定です。

記事ソース:CoinGecko

ct analysis

関連記事 同じライターから

同カテゴリの人気記事