CoinGecko、SuiやLayzer Zeroなどを含む2023年注目のエアドロップ10選を公開
   公開日 : 2023/01/17

CoinGecko、SuiやLayzer Zeroなどを含む2023年注目のエアドロップ10選を公開

Takaboarding bridge

CryptoTimes公式コミュニティ「boarding bridge(通称bb)」を中心に、Web3ニートとして活動。DAOやSocialFi分野のリサーチがメイン。

ct analysis

暗号資産データアグリゲーターのCoinGeckoが、2023年に注目すべき10のエアドロップリストを公開しました。

Layer Zero、Arbitrum、Suiなど、多くの著名な暗号資産プロジェクトにおいて、2023年にネイティブトークンの一部をコミュニティにエアドロップする可能性が噂されています。

エアドロップとは?
暗号資産プロジェクトがトークンを発行する際、初期の貢献者やプロダクトユーザーに対してそのトークンの一部を無料配布すること。インセンティブによってユーザーをエコシステムに誘致できることから、過去にはUniswapやOptimism、Aptosなど多くのプロジェクトがエアドロップを実施。

CoinGeckoが取り上げたプロジェクトには、Ethereumの代表的なレイヤー2である「Arbitrum」や、新たなレイヤー1として注目度の高いSui、画期的なクロスチェーンソリューションとして期待される「Layer Zero」などが含まれています。

CoinGeckoによる2023年注目のエアドロップ

上記で発表されたプロジェクトでエアドロップの可能性が高い理由として、CoinGeckoはトークンのユーティリティを重要視しています。

SuiのようにProof-of-Stake (PoS)のコンセンサスアルゴリズムを採用するブロックチェーンでは、ネットワークのセキュリティを担保するStakingのためにトークンが必要とされます。

注意が必要な点として、各プロジェクトに対してトークンが発行されるからといって必ずしもエアドロップが実施されるというわけではなく、Suiの場合はチームが公式に「エアドロップの計画はない」と発表しています。

これらのリストはあくまで潜在的な可能性を示すものであり、エアドロップを保証するものではないことに注意が必要です。

プロジェクトのコミュニティに貢献したり、プロダクトを早期に利用することで、将来のエアドロップの対象となる可能性はありますが、いずれも確約された条件は存在しません。

また当記事ならびにCoinGeckoの原文のいずれも、教育コンテンツを目的としたものであり、金融アドバイスとして解釈されるべきものではありません。

プロトコルや分散型アプリケーション(dApps)を利用する際は、必ずご自身で調査と判断を行ってください。

記事ソース:Top 10 Crypto Airdrops to Look Out for in 2023

ct analysis

関連記事 同じライターから

同カテゴリの人気記事