DeFiChainのDFIトークン、Huobi Globalで取引開始
   公開日 : 2022/08/01

DeFiChainのDFIトークン、Huobi Globalで取引開始

Crypto Times 編集部

ブロックチェーン専門メディアCRYPTO TIMES編集部です。CRYPTO TIMESのニュース、コラム、インタビューなど全ての編集を行っています。 元エンジニア出身なので、ブロックチェーンのノードを建てたり、簡単なスマコンの実装まで対応できます。Twitterもよろしく。

ct analysis

誰もが使える分散型金融アプリケーションとサービスを提供することに特化したビットコインネットワーク上のブロックチェーン、DeFiChainは世界有数の暗号通貨取引所Huobi GlobalにネイティブトークンであるDFIを上場することを正式に発表しました。

このトークンは7月25日06:00(UTC)にHuobiで対USDT取引で開始され、DFIの出金は7月26日07:00(UTC)に開始されました。HuobiでDFIを購入したトレーダーや投資家は、DeFiChainウォレットなど好きな場所にトークンを送金することが可能となります。

DFIトークンはすでにKucoin、Bybit(ERC20)、Bittrex、Bitrue、Hotbit、Bitpandaで取引可能です。

DeFiChain Acceleratorのマーケティングディレクター、Benjamin Rauchはこう述べています。

Huobiに上場することは、DeFiChainにとって一つの大きなステップです。より多くの大手取引所がDFIを上場させることを嬉しく思います。DeFiChainで利用できる実世界資産の多様性により、より多くの大手取引所がDFIの上場を楽しみにしています。上場が増えるたびに、大衆がDeFiChain上のネイティブな分散型金融の世界に入ることが容易になります。

2013年に設立されたHuobiは、世界をリードする暗号通貨取引所の1つです。Huobiへの上場により、世界の暗号通貨ユーザー層におけるDFIのアクセシビリティが向上します。

Huobiはユーザーの幅広い暗号通貨の売買、出資、借入を可能にし、経験豊富なクリプトトレーダーや投資家に包括的エコシステムを提供しています。

最近、Huobiはドバイ仮想資産規制庁から、事前に資格のある投資家とプロの金融サービスプロバイダーに仮想資産交換商品とサービスを提供する暫定的な承認を得ました。

DFIトークンはDeFiChainのエコシステムの世界を開くものです。以下のようなDeFiChainブロックチェーン上のすべての活動の中核となります。

複数のプールで流動性を提供する

ブロックチェーンのコンセンサスとセキュリティのためのステーキング

ストックトークンやdUSD安定コインを鋳造したり借りたりするための担保となる

リワードトークンとして、すべてのDEXの報酬はDFIで支払われる

DeFiChainのガバナンストークン

DeFiChainは、オンチェーンガバナンスを備えた完全分散型ブロックチェーンです。2020年5月にメインネットを立ち上げて以来、ノード、マスターノード、プロジェクト、ツール、ガバナンス、経済的アイデア、コードガバナンスに至るまで、ブロックチェーンのほぼすべての側面において、コミュニティからの熱心な関与が見受けられるようになりました。

そのコードベースはオープンソース方式で開発され、広くピアレビューされ、多くの人が議論しています。

DeFiChainについて

DeFiChainは高度なDeFiアプリケーションを可能にするために、ビットコインネットワークのハードフォークとして作成された分散型Proof-of-Stakeブロックチェーンです。高速でインテリジェント、かつ透明性のある分散型金融サービスを実現することに特化しています。

DeFiChainは流動性マイニング、ステーキング、分散型資産、分散型融資を提供します。DeFiChain財団の使命は、ビットコインのエコシステムにDeFiをもたらすことです。

メディアのお問い合わせ先 ベンジャミン・ラウチ、[email protected]

詳しくはこちらから: Website | Twitter | Discord | GitHub


Sponcerd Article

※本記事は企業が発信するプレスリリース記事となります。サービスのご利用、お問い合わせは直接ご提供元にご連絡ください。

関連記事 同じライターから

同カテゴリの人気記事