みなし仮想通貨交換業者であるみんなのビットコインは7日、親会社の楽天カード株式会社より追加出資を受け、資本金を7億3000万円に増資したことを発表しました。

同交換業者は、財務基盤の強化により、事業の拡大やサービスの安全性と利便性の向上を図り、安心して利用できるサービスの展開に努めるとしています。

楽天は昨年8月、子会社である楽天カード株式会社を通じてみんなのビットコインの全株式を取得することを発表し、その買収額は2億6500万円でした。

昨年8月出点でのみんなのビットコインの資本金は1億3000万円でしたが、昨年10月に3億5000万円までの増資を実施しており、今回の増資が楽天グループ傘下になってから二度目の増資となります。

楽天グループ傘下になり計6億円の増資が行われたみんなのビットコインですが、楽天は順調に事業体制の確立を進めているとみられており、早期の仮想通貨交換業者としての登録と今後の仮想通貨に関するサービス発展に向けた事業展開が期待されています。

記事ソース:資本増強のお知らせ