ベネズエラにあるKFC(ケンタッキーフライドチキン)がDASHでの支払いに対応
2018/12/17

ベネズエラにあるKFC(ケンタッキーフライドチキン)がDASHでの支払いに対応

Yuya【CRYPTO TIMES公式ライター】

YuyaCRYPTO TIMES公式ライター

分散型台帳技術の技術・応用両側面を幅広く学んでいます。

自国通貨のインフレーションに悩まされるベネズエラで、ケンタッキーフライドチキン(KFC)が暗号通貨・ダッシュ(DASH)での決済に対応することがわかりました。

ダッシュ決済の導入は来週から始まるとされており、首都・カラカスで実装された後、国内で新たなにオープンする24店舗でも導入されるものとみられています。

ベネズエラではKFC以外にも、サブウェイパパ・ジョンズ、ベネズエラのウォルマートにあたるTrakiなど数多くの人気フランチャイズがダッシュの決済に対応しているといいます。

ベネズエラでは、深刻さを増す経済危機による自国通貨への信用低下から、ビットコインやダッシュなどの暗号資産の取引が活発になっています。

P2P取引プラットフォームのLocalBitcoinsでは11月24日~12月3日の1週間だけで1284BTC(約56億円)が取引されています。

電子通貨としてのユースケースに焦点を絞ったダッシュは、マスターノードを介した即時決済機能や、送金情報などを実質非公開にできるプライバシー機能を搭載した暗号通貨です。

記事ソース: Exclusive: KFC To Start Accepting Dash Payments In Venezuela Next Week

CRYPTO TIMES LINE@で情報ゲット!

関連記事 同じライターから

同カテゴリの人気記事