世界初のアクティブ暗号資産ETPがSIX Swiss Exchangeに上場
   公開日 : 2020/07/29

世界初のアクティブ暗号資産ETPがSIX Swiss Exchangeに上場

Crypto Times 編集部

ブロックチェーン専門メディアCRYPTO TIMES編集部です。CRYPTO TIMESのニュース、コラム、インタビューなど全ての編集を行っています。 元エンジニア出身なので、ブロックチェーンのノードを建てたり、簡単なスマコンの実装まで対応できます。Twitterもよろしく。

Bitcoin Capital AGが発行するBitcoin Capital Active ETP (BTCA)がスイスのチューリッヒに位置する証券取引所SIX Swiss Exchangeに上場しました。

このETP(Exchange Traded Products、上場取引型金融商品)はBitcoin Capital AGによって発行され、暗号資産のインベストメントファームFiCASによってアクティブな資産管理が行われます。

ETPは特定のアセットや経済指標の価格の動きを追跡する投資商品です。メジャーな証券取引所に上場していることで、暗号資産取引所などを介さずに他のアセットクラスと共に統合的に管理できるメリットがあります。

プレスタイムにはBTCAに関する詳細な情報は掲載されていません。

Bitcoin Capital AGはスイスのツーク市にある特別目的事業体(Special Purpose Vehicle)でETPを発行しSIX Swiss Exchangeをはじめとしたヨーロッパの証券取引所へ上場させることを目的としています。

SIX Swiss Exchangeはスイス政府国債などの証券のほか、ストックオプションなどのデリバティブ商品も取り扱っていて、過去にはEtherの上場投資商品(ETP)の取り扱いも開始しています

記事ソース:ETF Stream

関連記事 同じライターから

同カテゴリの人気記事