Coinbase CustodyがTezosのステーキングに対応 第2四半期にはMakerDAOのガバナンスも
2019/03/31

Coinbase CustodyがTezosのステーキングに対応 第2四半期にはMakerDAOのガバナンスも

Yuya【CRYPTO TIMES公式ライター】

YuyaCRYPTO TIMES公式ライター

分散型台帳技術の技術・応用両側面を幅広く学んでいます。

機関投資家に暗号資産の総合投資サービスを提供するCoinbase Custody(コインベース・カストディ)が、ブロックチェーンプラットフォーム・Tezos($XTZ)のステーキングへの対応を開始したことを発表しました。

同サービスを利用する顧客は今後、保有するXTZトークンを同社が運営するDPoSノードにステークすることでブロック生成報酬の一部を受け取ることができるようになります。

プレスリリースによれば、ステークされた資産は全てコールドウォレット上でオフライン管理され、サービス運営におけるコンプライアンスの遵守も徹底されているといいます。

Coinbase Custodyプラットフォーム上でのTezosステーキングのようす

同社はまた、今年の第2四半期中にプラットフォーム上からMakerDAO($MKR)のガバナンスに参加できる機能を公開することも発表しました。

当機能に関してはMakerDAOと直接共同で開発を進めているといい、MKRを保有する顧客はCoinbase Custody上からMakerのエコシステム運営に関わる投票などを行えるようになる予定です。

Coinbase CustodyはTezosとMakerDAOをはじめとして、将来的には対象となるブロックチェーンすべてのステーキングや投票に対応することを目標としているといいます。

記事ソース: The Coinbase Blog

関連記事 同じライターから

同カテゴリの人気記事