コインチェックがETH(イーサリアム)・XEM(ネム)・LSK(リスク)の入金・購入を再開
   公開日 : 2018/11/13

コインチェックがETH(イーサリアム)・XEM(ネム)・LSK(リスク)の入金・購入を再開

Crypto Times 編集部

ブロックチェーン専門メディアCRYPTO TIMES編集部です。CRYPTO TIMESのニュース、コラム、インタビューなど全ての編集を行っています。 元エンジニア出身なので、ブロックチェーンのノードを建てたり、簡単なスマコンの実装まで対応できます。Twitterもよろしく。

ct analysis

仮想通貨取引所・コインチェックは今月12日、ETH(イーサリアム)、XEM(ネム)、LSK(リスク)の入金・購入を再開したことを発表しました。

今回の3通貨の入金・購入再開により、XRP(リップル)とFCT(ファクトム)以外の取引は全て再開されたことになります。

プレスリリースによると、ユーザーは以降入金の際に入金アドレスを再発行する必要があり、再発行せず旧入金アドレスに送金した場合は残高の反映及び仮想通貨の返還は行われないとされています。

そのため、入金の際は忘れずに「コインを受け取る」画面より入金アドレスの再発行をする必要があります

コインチェックはこれまで、1月26日に起こったハッキング被害や金融庁の業務改善命令により、ほとんどのサービスを停止していました。

しかし同取引所は、今年10月30日に新規口座開設を再開しており、BTC・ETC・LTC・BCHの入金、ETC・LTC・BCHの購入も再開しています。

画像および記事ソース:一部仮想通貨の入金・購入再開のお知らせ(ETH・XEM・LSK)

関連記事 同じライターから

同カテゴリの人気記事