ライトニングネットワーク普及を目指し、仮想通貨アーティストが自身の作品を1ミリサトシで販売
   公開日 : 2019/01/02

ライトニングネットワーク普及を目指し、仮想通貨アーティストが自身の作品を1ミリサトシで販売

Crypto Times 編集部

ブロックチェーン専門メディアCRYPTO TIMES編集部です。CRYPTO TIMESのニュース、コラム、インタビューなど全ての編集を行っています。 元エンジニア出身なので、ブロックチェーンのノードを建てたり、簡単なスマコンの実装まで対応できます。Twitterもよろしく。

ct analysis

仮想通貨アーティストであるクリプトグラフィティが、ライトニング・ネットワークの普及を促進する目的で、自身が作成したアート作品を1ミリサトシ(0.000000037ドル)で販売したことが明らかになりました。

クリプトグラフィティとは、アート作品を通して仮想通貨とブロックチェーンを世の中に広める活動を行なっているアーティストです。彼のアート作品はこれまでにBloombergやThe New York Timesで特集が組まれたり、デジタルガレージ社主催のTHE NEW CONTEXT CONFERENCEに展示されたことがあります。

今回販売された「Black Swan」と呼ばれる作品は、縦が3.5cm、横が4.5cmのとても小さなもので、オークションで最も安い値段を提示した入札者に対して、1ミリサトシ(1サトシは1BTCの100万分の1)で販売されました。1ドル紙幣を用いて作られており、こちらから制作の様子を動画で見ることができます。

クリプトグラフィティは、仮想通貨が「アーティストに対する代替的な収入手段」となるかを研究しており、今回の作品販売も、ビットコインの少額決済に使われるライトニング・ネットワークの普及を目的として行われました。

記事ソース: Reddit

関連記事 同じライターから

同カテゴリの人気記事