Geminiが新しく7種類のDeFiトークンの取り扱いを開始
   公開日 : 2020/09/28

Geminiが新しく7種類のDeFiトークンの取り扱いを開始

Crypto Times 編集部

ブロックチェーン専門メディアCRYPTO TIMES編集部です。CRYPTO TIMESのニュース、コラム、インタビューなど全ての編集を行っています。 元エンジニア出身なので、ブロックチェーンのノードを建てたり、簡単なスマコンの実装まで対応できます。Twitterもよろしく。

暗号資産取引所Geminiが新たに7種類のトークンの取り扱いを開始しました。トークンは以下の通りになります。

  • Balancer (BAL)
  • Curve (CRV)
  • Ren Network (REN)
  • Synthetix Network (SNX)
  • Uma (UMA)
  • Uniswap (UNI)
  • Yearn.finance (YFI)

また、カストディ業務のみの取り扱いであった以下の5種類のトークンのトレードも可能になります。

  • Decentraland (MANA)
  • Kyber Network (KNC)
  • Maker (MKR)
  • Storj (STORJ)
  • 0x (ZRX)

加えて、以下の3種類のトークンのカストディ業務を開始します。

  • Keep Network (KEEP)
  • Wrapped Bitcoin (wBTC)
  • tBTC (tBTC)

今回の取り扱いトークンの追加により、Geminiがカストディとトレーディングの両方のサポートを行っている通貨は24種類になります。

新たに取り扱いを開始したUniswapトークンについてはこちらの記事で詳しく説明しています。また、Uniswapの使い方はこちらの記事で確認することができます。

記事ソース:Gemini

関連記事 同じライターから

同カテゴリの人気記事