銀行内での仮想通貨活用!インテックと富山第一銀行がブロックチェーンを応用した実証実験開始
   公開日 : 2018/11/28

銀行内での仮想通貨活用!インテックと富山第一銀行がブロックチェーンを応用した実証実験開始

Crypto Times 編集部

ブロックチェーン専門メディアCRYPTO TIMES編集部です。CRYPTO TIMESのニュース、コラム、インタビューなど全ての編集を行っています。 元エンジニア出身なので、ブロックチェーンのノードを建てたり、簡単なスマコンの実装まで対応できます。Twitterもよろしく。

ct analysis

TISインテックグループの株式会社インテックと株式会社富山第一銀行が、ブロックチェーン技術を使った銀行内での仮想通貨の実証実験を開始したことを発表しました。

今回の実証実験で新しく発行される予定のコインはFirst Bank Coin(FBC)と呼ばれる、日本円と価値がペッグされたステーブルコインです。富山第一銀行の行内にFBC専用の口座を開き、行員が振り込んだ日本円と同額の仮想通貨を発行することで、行内売店での商品購入や、行員同士の個人間送金が可能になる模様です。

ブロックチェーン基盤には、全国銀行協会が銀行界の実証実験向けに開発したブロックチェーン連携プラットフォームが使用されるようです。

POINT全国銀行協会は日本の銀行のほとんどが加盟する団体で、銀行間ネットワークの「全銀システム」などの運営を行なっています。「ブロックチェーン連携プラットフォーム」は、分散型台帳技術を活用した銀行間ネットワークの構築が目的のプロジェクトです。

また、決済や送金にはインテックと富山第一銀行が開発したスマートフォンアプリ(First-B Pay)を使用することで、QRコードをスマートフォンで読み取るだけで決済が完了する仕組みが実装されます。

関連記事 同じライターから

同カテゴリの人気記事