Lightning Labsがライトニングネットワークの監視ツールを発表
2019/07/28

Lightning Labsがライトニングネットワークの監視ツールを発表

そち

そちCRYPTO TIMES 公式ライター

2017年8月に仮想通貨に手を出し、海外留学中に自作マイニングリグを作りマイナー活動開始。留学から帰国した後、ライター始めました。好きな食べ物はアヒージョです。

ビットコインのオフチェーンプロトコルであるライトニングネットワーク(Lightning Network、以下LN)の大型実装ノード「Ligntning Labs」が、LNの監視ツールを新たにローンチしたことを発表しました。

LNとは、日々肥大化するビットコインブロックチェーンのスケーラビリティを向上させるために開発されたプロトコルで、オフチェーンで少額決済を処理するレイヤー2ソリューションとして知られています。

LNは2015年に開発され、近年ではTwitterの創設者、Jack Dorsey氏にも支持されています。

Lightning Labsが発表した監視ツール「lndmon」は、LN上での送金時に必要な手数料や、オフチェーンチャンネルに関する情報が一覧できる仕様になっており、LNユーザーにとって便利なツールとなっているようです。

参照:Lightning Labs HP

Lightning Labsはlndmonの今後の展開について、現在統合できていないデータの集約や、怪しいトランザクションが作られた場合のアラート機能の搭載などを目標とし、ユーザーがLNを今まで以上に安心して使えるようにアップデートしていくいいます。

記事ソース: Lightning Labs HP

関連記事 同じライターから

同カテゴリの人気記事