ライトコイン財団がBiboxとTernioとの共同で暗号資産デビットカードを提供へ
2019/06/19

ライトコイン財団がBiboxとTernioとの共同で暗号資産デビットカードを提供へ

Yuya【CRYPTO TIMES公式ライター】

YuyaCRYPTO TIMES公式ライター

分散型台帳技術の技術・応用両側面を幅広く学んでいます。

Litecoin Foundation(ライトコイン財団)が暗号資産取引所のBiboxと暗号通貨ペイメント技術を開発するTernioと協力し、暗号通貨を店舗やオンラインで支払えるデビットカード「Blockcard」を提供することがわかりました。

カード口座へのデポジットにはライトコイン(LTC)、ビットコイン(BTC)、ビットコインキャッシュ(BCH)、イーサリアム(ETH)、Stellar (XLM)、TERNの6種類が対応しており、以降はBATも追加される予定のようです。

デポジットされた通貨は利用可能額として一括管理され、相応額のLTCTERN、またはBibox Token (BIX)で支払いを行うことができるといいます。ユーザー資産のカストディアンはBiboxが務めることになっています。

本サービスは米国ユーザーを対象に開始され、以降他国にも展開されることになっています。

先週には、米大手暗号資産サービス企業のCoinbase(コインベース)が、暗号資産デビットカード「Coinbase Card」の対応地域をイギリスからヨーロッパ諸国へと拡大しました。

記事ソース: Litecoin Foundation

関連記事 同じライターから

同カテゴリの人気記事