マルチチェーン化に取り組むTether、USDTをEOS上で発行か
2019/06/01

マルチチェーン化に取り組むTether、USDTをEOS上で発行か

Yuya【CRYPTO TIMES公式ライター】

YuyaCRYPTO TIMES公式ライター

分散型台帳技術の技術・応用両側面を幅広く学んでいます。

Tether(テザー)の米ドル連動型ステーブルコイン・USDTEOSプラットフォーム上で発行されることが、BitfinexのCTOがCCNに伝えた内容からわかりました。

Bitfinexは今年2月にEOSベースの分散型取引所(DEX)・eosfinexのベータ版をリリースしており、今回発行を決定したというEOS上のUSDTは同取引所の暗号資産−代替フィアットペアを確立するためのものとなっています。

分散型取引所では、従来の取引所のように法定通貨関連の諸手続きを管理する集権機関が存在しないため、プラットフォーム上で発行されるステーブルコインが重宝します。

現在発行されているUSDTは主にOmniイーサリアムチェーン上のもので、今年3月にはTRONブロックチェーン上でも発行が決定しました。

Tetherは、プロジェクトごとにコミュニティが隔離しがちなブロックチェーン産業の中で、積極的に複数のブロックチェーンプラットフォームにUSDTを展開していくといいます。

Bitifinex/Tetherは今年に入りクリプト・キャピタル騒動準備金ポリシーの変更などをめぐって非難を浴びている一方で、プロダクトのマルチチェーン化など新たな取り組みにも臨んでいます。

記事ソース: CCN

関連記事 同じライターから

同カテゴリの人気記事