ベトナム取引所がハッキングされ、約50万ドル相当の仮想通貨が流出
2019/11/09

ベトナム取引所がハッキングされ、約50万ドル相当の仮想通貨が流出

アラタ

アラタ

2017年5月に仮想通貨への投資を開始。ブロックチェーンや仮想通貨の将来に魅力を感じ、積極的に情報を渋谷で働く仮想通貨好きITリーマンのブログを通じて発信するように。2017年6月に初めてICOへの参加も行い、ICOの魅力に取りつかれ、積極的にICOに投資していくように。Crypto Times運営者の1人。好きな食べ物はラーメンとたくあん。

ベトナムの仮想通貨取引所であるVinDAXがハッキング被害にあい、少なくとも50万ドル相当の仮想通貨が流出したことが判明しました。

THE BLOCKの情報によると、VinDAXの公式Telegramのadminより、ハッキング被害に遭い、少なくても50万ドル分の仮想通貨が失われたことを告げました。これは、三日前の出来事だったと述べています。

VinDAXはでLauchpad Platformを利用し、そこまで名の知られていないプロジェクトのトークンセールを実施していました。現在、ブロックチェーン・プロジェクトMyFieが同プラットフォーム上でトークンセールを行っており、今後さらに5つのトークンセールの実施を予定しているようです。

SimilarWebの情報によると、VINDAXの先月のMAUは39万人となっており、その大部分(65%以上)がインドからのユーザーになっています。

今回のVinDAXのハッキングは、2019年に入って、7回目のハッキングだとTHE BLOCKより発表がされています。

記事ソース : THE BLOCK

関連記事 同じライターから

同カテゴリの人気記事