エイベックス、子会社「エンタメコイン」設立へ – 事業目的に仮想通貨交換業も追加
   公開日 : 2018/05/24

エイベックス、子会社「エンタメコイン」設立へ – 事業目的に仮想通貨交換業も追加

Yuya【CRYPTO TIMES公式ライター】

YuyaCRYPTO TIMES公式ライター

CRYPTO TIMESの記事編集全般を担当しています。バックグラウンドは経済学とファイナンスなので、政府発行型暗号資産の仕組みや、行動ファイナンス的観点から見る市場の動きなどに興味があります。

ct analysis

エンターテイメント業界大手のエイベックスが今月24日、子会社の「エンタメコイン」を6月に設立すると発表しました。

エンタメコインは2019年からエイベックスグループ及び関連する芸能事業関連者向けブロックチェーンを用いた決済システムを提供するとされています。

IT Media Newsより

同サービスでは、チケットやグッズの購入ファンクラブの会員制度などの決済をブロックチェーン・プラットフォームを用いて管理していくものとみられます。

同社は電子マネーの発行及び決済システムの提供、及び仮想通貨交換業の3つを加えた新たな定款案も発表しており、6月下旬の株主総会で承認を得るとされています。


海外では、今回のエンタメコインに類似した映画・音楽業界向けのプロジェクトがすでにたくさん出てきています。

このようなプロジェクトでは、クリエイターが収益を受領したり、ファンがサービスを享受したりするプロセスをより容易にすることが追求されています。

エイベックスのような大手企業が参入することにより、このジャンルのプロジェクトはさらに競争が強まるものと考えられます。

関連記事 同じライターから

同カテゴリの人気記事