Binance DEXが米国を含む29ヶ国をサービス対象外に 日本ユーザーは引き続き利用可能
2019/06/02

Binance DEXが米国を含む29ヶ国をサービス対象外に 日本ユーザーは引き続き利用可能

Yuya【CRYPTO TIMES公式ライター】

YuyaCRYPTO TIMES公式ライター

分散型台帳技術の技術・応用両側面を幅広く学んでいます。

Binance(バイナンス)が今年4月にローンチした分散型取引所「Binance DEX」が、アメリカなどを含む29ヶ国でのサービスを停止したことがわかりました。

サービス対象外となったのはアメリカ、ベネズエラ、北朝鮮のほか東ヨーロッパ・中東・アフリカ諸国などとなっており、該当国のIPアドレスは今年7月1日からブロックされるといいます。

日本ユーザーは除外対象となっておらず、引き続き利用可能となっているもようです。

アメリカでは分散型・ノンカストディの取引所であっても通常同様のライセンスが必要であり、証券取引委員会(SEC)は過去に分散型取引所のEtherDeltaを無登録営業で告発したこともあります。

一方で、バイナンスの従来の取引所は米国へのサービス展開に向けて動き出していることがわかっています。

記事ソース: The Block

関連記事 同じライターから

同カテゴリの人気記事