中国政府 海外の取引所やICOに関連するサイトへのアクセスを遮断?
   公開日 : 2018/02/17

中国政府 海外の取引所やICOに関連するサイトへのアクセスを遮断?

ShotaCRYPTO TIMES 公式ライター

CryptoTimes リサーチャー | パブリックからエンタープライズまでブロックチェーンの技術, 仕組み, ユースケース, 動向などを幅広くリサーチしています。クリプトエコノミクス, プログラマブルマネー辺りのコンセプトに興味があります。

ct analysis
この記事の3つのポイント!

  1. 中国政府が海外ICOや海外取引所へのアクセス規制の方向へ
  2. 約1年前から打たれていた取り締まりへの布石を更に強化
  3. 中国政府は国民の投資のリスクを減らすためと発表

本記事引用元:Report: China Cutting Access to Overseas Crypto Trading

海外の取引所やICOへのアクセスを遮断?

報告によると、中国政府は中国国外で行われているICOや国外の取引所への国内からのアクセスをブロックする方向で動き始めたようです。

中国人民銀行が関係する経済ニュースの発表は、当局は約一年前からこういった仮想通貨に熱心な国民の動きに対して、取り締まりを進めていたことを示唆しています。

こうした動きは、中国が正式に違法な資金の流れを生み出すおそれのあったICO(Initial Coin Offerings)への投資を禁止した数か月前から進んでいるようです。

また、当局はICOへの投資だけでなく昨年秋の中国国内の”ビッグスリー(Big Three)”と呼ばれる3つの取引所の閉鎖などにも関与していました。

今回の新たな報告では、国内取引所を閉鎖したのち海外の取引所に流入し、仮想通貨への投資を続けようとする国民が後を絶たないため、今回の動きのターゲットはそうした国民が流れていく海外の取引所へのアクセスに対するものだとしています。

中国語のニュースサイトXinhua(新華社通信)やビットコインソーシャルメディアの8btcによれば、2月4日に発表された海外の仮想通貨やICOのアクセス禁止のみならず、当局は国内外の取引所や仮想通貨に関連するビジネスモデルすべてを禁止していく方向で動いているようです。

shota
ちょっと前Binance東京移転とかのニュースありましたけど関連してるんですかね?
shota
キャピタルフライトを恐れている中国の姿が頭に浮かびます笑
ct analysis

関連記事 同じライターから

同カテゴリの人気記事