CT Analysis NFT『P2E 発行上限のないトークンで 持続可能な経済圏を作るには?』を公開
   公開日 : 2022/03/14

CT Analysis NFT『P2E 発行上限のないトークンで 持続可能な経済圏を作るには?』を公開

Crypto Times 編集部

ブロックチェーン専門メディアCRYPTO TIMES編集部です。CRYPTO TIMESのニュース、コラム、インタビューなど全ての編集を行っています。 元エンジニア出身なので、ブロックチェーンのノードを建てたり、簡単なスマコンの実装まで対応できます。Twitterもよろしく。

ct analysis

CRYPTO TIMESが提供するリサーチレポートコンテンツ『CT Analysis』が、P2Eを考察したレポート『P2E 発行上限のないトークンで 持続可能な経済圏を作るには?』を公開しました。

今回の最新レポートや過去のレポートは、アップデートしてさらに読みやすくなったCT Analysisの新ホームページ (https://ct-analysis.io/)よりご覧いただけます。

会員登録することでいつでも、過去のレポートを読むことができるので下記のWebsiteよりアクセスください。

CT Analysis NFT『発行上限のないトークンで 持続可能な経済圏を作るには?』について

今回のレポートでは、発行上限のないトークンで 持続可能な経済圏を作るための考察レポートとなっています。Axie Infinityを始め、多くのP2Eのプロジェクトが運営されています。この中で持続可能にするにはどうしたらいいのか?を考察しています。

Axie Infinityは、発行上限がないトークンであるSLPを発行して、Play to Earnを実現していました。しかし、SLPはプレイヤー増加とともにバーン数より発行数が上回る自体に陥りました。これがなぜ起きているのか?過去のデータを振り返って考察をしています。

最近人気が出てきた、STEPNも発行上限のないトークンGSTを採用しています。Axie Infinityと比べてどのような設計になっているのかも解説していますので、多角的に思考できるレポートとなっています。

これらに加えて、NFTも発行上限のないものとなっているので、Sorare、Axie Infinity、STEPNを比較して考察したセクションも用意しています。

CT Analysisについて

2020年2月12日より暗号通貨/ブロックチェーン専門メディアCRYPTO TIMES ( https://crypto-times.jp )が提供開始した、暗号通貨/ブロックチェーンの分野に特化したリサーチレポートコンテンツです。

今後、暗号通貨/ブロックチェーン分野は更に注目が集まることが予想されるものの、技術者から投資・事業家まで様々な参加者がおり、各々の求める情報は見つけづらく、また議論は英語で行われることが多いため、リサーチコストが高くなる傾向があります。

CT Analysisでは、3年間業界に携わりながら運営してきた知見やデータを活用して一般ユーザーから事業者まで、幅広いデータ・分析需要に応えることを目標として、専門性とわかりやすさを追求したリサーチ・レポートを提供していきます。

また、パートナー企業の強みを生かしたリサーチレポートも提供しており、オンチェーンデータやオフチェーンデータ、クリプト市場に関するセンチメントデータ、ユーザーの予測を機械学習で最適化したデータなどの情報を使ったレポートの配信も予定しています。また、これらは日本だけでなく、世界各国の情報も取り入れたコンテンツの配信を予定しています。

関連記事 同じライターから

同カテゴリの人気記事