マルチシグウォレットのGnosis Safeが独自トークン $SAFE を対象者にエアドロップ
   公開日 : 2022/08/19

マルチシグウォレットのGnosis Safeが独自トークン $SAFE を対象者にエアドロップ

Crypto Times 編集部

ブロックチェーン専門メディアCRYPTO TIMES編集部です。CRYPTO TIMESのニュース、コラム、インタビューなど全ての編集を行っています。 元エンジニア出身なので、ブロックチェーンのノードを建てたり、簡単なスマコンの実装まで対応できます。Twitterもよろしく。

ct analysis

マルチシグウォレットを展開するGnosis SafeがSAFEトークンのローンチを発表を行いました。

今回の発表はForumのプロセスGIP-29から開始されており、GIP-29では下記のような提案が行われていました。

  • Gnosis Ltd から Gnosis Safe プロジェクトをスピンオフ
  • 独立した SafeDAO の確立を通じて、Gnosis Safe エコシステムとインフラストラクチャを管理するための SAFE トークンを作成
  • 独立した Safe Foundation をスイスに設立して、戦略的なオフチェーン資産 (IP、Github リポジトリ、戦略的投資) を保護し、SAFE トークンを発行し、Gnosis Safe エコシステムを促進

さらに、直近では1kxやTiger Globals, Digital Currency GroupなどからGnosisDAOが130億円にも登る資金調達を発表したこともあります。

今回のGnosis Safeが発行するSAFEを配布するのは下記を目標としているとしています。

  • 分散化 : SAFEガバナンスは、トークンが広く分散された場合に最も恩恵を受ける。
  • 報酬の使用 : よりアクティブなユーザーは、よりアクティブでないユーザーよりも多くのトークンを受け取る必要があります。
  • 過去の利用実績には報酬を与えるが、将来的に積極的にガバナンスに参加する可能性のあるアカウント、つまりSafeに関心を持っているアカウントを優先
  • プロジェクトおよびDAOとしてのSafeの認知度向上
  • 受取人は「意味のある」量を得るべきで、つまりユーザーはそれを気にかけるべきで、請求のためのtx手数料によって、自分に割り当てられたSAFEトークンを請求することが経済的に不利にならないようにすべき
  • オーナーシップ長期的には、Safeはコミュニティ主導のプロジェクトになることを想定しています。自分たちが使う製品の一部を自分たちで所有することは、大きな力になります。

今回のエアドロップの配布基準として、GIP-29のフェーズ2(2022年2月9日)以前に作成されたGnosis Safeのアカウントのみが対象で、2回以上のアクション、もしくは10ETHを経時的に保存しているアカウントが対象となります。

今回のエアドロップの対象者は1ウォレットあたり最低400SAFEとなっており、各種データは下記のとおりです。

  • GIP-29以前に作成されたアカウント : 45,025
    • 内10,453 件は一度も取引されていないアカウント
  • SAFEを割り当てたアカウント:21,935
  • 1アカウントに割り当てられるトークンの最大数:129,339.85個
  • アカウントに割り当てられるトークンの最小数:438.30個
  • アカウントに割り当てられたトークンの平均数: 2279.46個
  • アカウントに割り当てられたトークン数の中央値: 1,325.99個

エアドロの対象者かどうかは、こちらのSpreadsheetで確認が可能です。

記事ソース : Gnosis Forum

関連記事 同じライターから

同カテゴリの人気記事