IOSTメインネットトークンが73.5億枚のERC-20トークンをBurn
   公開日 : 2020/03/17

IOSTメインネットトークンが73.5億枚のERC-20トークンをBurn

アラタ | Shingo Arai

アラタ | Shingo Arai

2017年5月に仮想通貨への投資を開始。ブロックチェーンや仮想通貨の将来に魅力を感じ、積極的に情報を渋谷で働く仮想通貨好きITリーマンのブログを通じて発信するように。

ct analysis

IOST Mainnet Olympus v1.0は、2019年2月25日に正式にリリースされました。

最初のメインネットリリース以降、IOSTは世界中の20か国以上から400以上のパートナーノードを集めています。 IOSTは1年にわたって、多方向に継続的な改善に取り組んできました。

そして、先日IOSTメインネットバージョン3.3.2が正式にリリースされました。

関連記事 : IOSTのメインネットが、3.3.2バージョンにアップデート

そして、今回73.5億枚のERC-20トークンが2020年3月12日に財団によってBurnされ、8番目のバッチとしてマークされました。

トークン書き込みレコード

  • 最初のラウンド:2,170,000,000 IOST ERC-20トークン(3月7日)
  • 第2ラウンド:5,135,325,031 IOST ERC-20トークン(3月8日)
  • 第3ラウンド:1,554,755,204 IOST ERC-20トークン(3月13日)
  • 第4ラウンド:2,082,946,604 IOST ERC-20トークン(4月10日)
  • 第5ラウンド:494,671,677 IOST ERC-20トークン(4月26日と29日)
  • 第6ラウンド:155,474,906 IOST ERC-20トークン(5月8日)
  • 第7ラウンド:123,805,116 IOST ERC-20トークン(6月19日)
  • 第8ラウンド:7,350,000,000 IOST ERC-20トークン(3月12日)

本日現在、合計19,066,978,538個のERC 20トークンがBurnされてメインネットトークンに正常にスワップされ、メインネットローンチから1年でIOSTの総流通量の90.8%に達しました。

IOSTは、トークンの交換と破棄のイニシアチブをとっていない一部の取引所とユーザーを除き、すべてのERC 20トークンの処理を完了したと言えます。

IOST ERC 20トークンの破棄が保留されている交換については、IOSTはタイムリーにコミュニティメンバーに公開します。 世界中のファンと一緒に目撃していきましょう。

関連記事 同じライターから

同カテゴリの人気記事