IOSTは日本ブロックチェーン規制の遵守の環境構築に努力を続ける
   公開日 : 2021/10/12

IOSTは日本ブロックチェーン規制の遵守の環境構築に努力を続ける

Crypto Times 編集部

ブロックチェーン専門メディアCRYPTO TIMES編集部です。CRYPTO TIMESのニュース、コラム、インタビューなど全ての編集を行っています。 元エンジニア出身なので、ブロックチェーンのノードを建てたり、簡単なスマコンの実装まで対応できます。Twitterもよろしく。

デジタル資産のコンプライアンスの進展に伴い、多くの国や地域で関連する規制やガイドラインが発表されています。

日本は、最も成熟したブロックチェーン市場のひとつとして、ブロックチェーン産業の関連規制を法的に保証して実施している最も早い国でもあります。例えば、改正資金決済法が成立し施行されました。

日本の法律を遵守するために、IOSTは2019年9月以降、DApp開発チームに実際に使えるDAppの構築を積極的に促すとともに、カジノDAppチームと協力してコンプライアンスソリューションを提供しています。

エンドユーザー

IOSTはすべての市場のルールと規制を尊重しています。そのため、IOSTのすべてのカジノDAppは、中国と日本からのユーザーのIPをブロックするように通知されており、そのコミュニティの中でリスクのあるDAppを宣伝したことはありません。また、IOSTは今後もそのような活動を続けていきます。

オープンソースのプラットフォーム運営

IOSTは、オープンソースのプラットフォームとして、どのような開発者でもそのプロトコルをベースに構築することができます。財団は、規制遵守に関するコミュニケーションや提案を定期的に開発者に行い、そこから価値あるDAppエコシステムの構築を推進しています。

IOST DAppエコシステム

現在、IOSTは、健全で価値のあるDAPエコシステムを持つパブリックチェーンとして大きく成長しています。

DAppRadar.comとDApp Reviewのデータベースによると、過去3四半期(2021年)にIOSTのメインネット上でローンチしたDAppは76個でした。

これは、カジノDAPの数の減少傾向を示しており、昨年のデータと比較して、10から8に減少しています。

現在のIOST DAppエコシステムは、6つの分散型ファイナンスDApps(IOST Voter、OTB分散型取引所など)、44のゲームDApps(Xpet、BlockArcade、CryptoNinjaなど、さまざまなカテゴリーのDApps)で構成されています。

さらに、3つの重要な測定値と2つの時間軸を持つ以下のチャートから、より詳細な変動を知ることができます。

日間アクティブユーザー数(10月10日時点)、7日間アクティブユーザー数(10月3日~10日時点)、取引数(10月時点)、7日間取引数、24時間取引量(10月10日時点)、7日間取引量(10月3日~10日時点)。カジノDAPの利用者が10月から減少していることがわかります。

IOSTは、DAppのコンプライアンス状況における高度な工業規格の確立を提唱

IOSTはオープンソースプラットフォームとして、メインネットの分散化を最大限に進めながら、開発者とのコミュニケーションや、実際に使えるカジノ以外のDAppsのサポートを通じて、DAppエコシステムをあらゆるレベルで改善し、浄化しようと努めています。

IOSTは、DAppエコシステムの多様性と利便性を向上させるために前進し続けています。さらに、IOSTは今後、メインネット上にプログラムを構築するために、世界中の開発者との大規模なコラボレーションを進めようとしています。

ハイライト

DAppコンプライアンスの進展に伴う具体的な項目:

カジノアプリのDAUは、全DAPの2%以下に減少

中国および日本のIPからアクセスできるカジノDAppはなし

カジノアプリの取引件数は全体の3%以下、取引量は0%以下

IOSTは、他の高品質なDAppチームとの協力関係を拡大

ブロックチェーンの可能性を引き出すためには、強力なコンプライアンスレベルが不可欠であり、また、ブロックチェーン技術のメリットをより多くの人々と健全な雰囲気で共有することができます。

IOSTのコンプライアンス推進への取り組みは、さらなる成果をもたらし、業界における積極的な模範となることでしょう。そして何より、日本のブロックチェーン市場への参入をさらに後押しするものと信じています。

記事引用元 : MeetIOST

関連記事 同じライターから

同カテゴリの人気記事