英政府、中央銀行デジタル通貨プロジェクトに助成金付与
   公開日 : 2022/02/07

英政府、中央銀行デジタル通貨プロジェクトに助成金付与

Crypto Times 編集部

ブロックチェーン専門メディアCRYPTO TIMES編集部です。CRYPTO TIMESのニュース、コラム、インタビューなど全ての編集を行っています。 元エンジニア出身なので、ブロックチェーンのノードを建てたり、簡単なスマコンの実装まで対応できます。Twitterもよろしく。

ct analysis

英政府がステーブルコインと中央銀行デジタル通貨のプロジェクト「Millicent」に助成金を付与しました。

ビジネス・エネルギー・産業戦略省(BEIS)が主催する「UKRI Innovate UK SMART Award」は、英国内で最も競争率が高い助成金プログラムとして知られています。

Millicentの選出理由は下記です。

“「Millicentは、私たちの銀行や支出の方法を変える可能性のある、ゲームを変えるプロジェクトです。その影響は、英国銀行が支援する英国システムへの道を開く可能性があるため、英国にとって、財政的、社会的、技術的に非常に重要である可能性があります。 -引用元:CRYPTO BRIEFING」”

Millicentは、同助成金プログラムの中でステーブルコイン及びCBDC分野として初の選出プロジェクトとなります。

Millicentのホワイトペーパーの一部 | 画像引用元:https://docsend.com/view/vqemnci4yqyijmgy

DAGベースのコンセンサスとCosmos SDKベースのブロックチェーンを組み合わせた独自のハイブリッド構造で構築されているMillicentは、Cosmosエコシステムの中で高速なネットワークとして設計されており、VISAネットワークの6倍の速さでトランザクションの処理を可能とします。

イングランド銀行(中央銀行)と大蔵省は2030年までにCBDCをローンチ予定としており、今後CBDC開発にMillicentが関与していくことが推察されます。

政府によるデジタル通貨導入はイギリスだけでなく、中国、インドでも進行中です。

中国では、デジタル人民元の利用が一部で導入されており、ウォレットアプリ給与支払いシステムの開発・導入も実施。

また、先日インドのニルマラ・シタラマン財務大臣は、国内でのデジタルルピーの導入を検討していると発表しています。

記事ソース:MediumCRYPTO BRIEFINGU.Today

ct analysis

関連記事 同じライターから

同カテゴリの人気記事