『BlackHole Protocol 』の概要や特徴、AMAの内容をQ&A形式で解説!
   公開日 : 2021/05/13

『BlackHole Protocol 』の概要や特徴、AMAの内容をQ&A形式で解説!

ユッシCRYPTO TIMES公式ライター

2017年11月に仮想通貨投資を始めたことをきっかけにDAppsやブロックチェーンゲームなどに興味を持つように。仮想通貨メディアのライターとして約3年間活動する実績の中でブロックチェーン・仮想通貨の基礎的な知識から専門的な内容まで幅広く発信中。

2017・8年の仮想通貨バブル期、仮想通貨市場には様々なプロジェクトのトークンが乱立し、そのほとんどが現在では価値が無くなってしまっています。

そして2021年現在、DeFiやNFT市場が大変盛り上がっている中、2017・8年と同じく様々なトークンが乱立してきています。

本記事では、そんな仮想通貨市場におけるトークン価値の確立を目的としたプロジェクト「BlackHole Protocol」について、先日CRYPTO TIMESホストで開催されたAMAの内容を元にQ&A形式で解説していきます。

・「仮想通貨における価値の維持に関する情報を知りたい」
・「BlackHole Protocolについて知りたい」

といった方は是非最後まで読んでみてください。

Black Hole ProtocolはCRYPTO TIMESがStrategic Roundでも投資をしたことで日本でも話題になりました。

目次

BlackHole Protocolの概要

BlackHole Protocolの概要

ティッカー/通貨名$BLACK/BlackHole Protocol
主な提携先Uniswap(V2)、Gate.io、MXC.COM
時価総額N/A
特徴自社が発行する$BLACKトークンと従来のトークンのLPを保有しバーニングプールの作成が可能なプラットフォームを提供。NFTのコンセプトやクロスチェーンにも対応予定。
公式リンクWebサイト
Twitter
Telegram
Medium
Github

従来、トークンのバーンを行うかどうかは、プロジェクト側やコミュニティ全体が決めるものであり、個々人が関与できる領域ではありません。

BlackHole Protocolは、$BLACKトークンとその他のトークンで「バーニングプール」を作成し、個々人がバーンと同じ状態を発生させられる状態を作り上げるのが目標のプロジェクトです。

同プロジェクトはNFT分野やクロスチェーンにも対応予定となっており今後の動向に注目が集まっています。

BlackHole ProtocolのAMA

今回のAMAにはBlackHole ProtocolのCMOのSam氏が参加してくれました。

自己紹介

私はこの素晴らしいプロジェクト、すなわちBlackHole ProtocolのCMOです。このプロジェクトの一員になれたのを大変嬉しく思います。

私はブロックチェーン業界で約5年の経験があります。ICOやIEOを行い、ほとんどのプロジェクトはすでにMOONとなり、それらはさまざまな取引所で取引可能な資産です。

私は、Crypto Janeやその他の暗号通貨の有名人と非常に深いつながりがあります。また、私はインドとアメリカでマーケティング会社を経営しています。

私の主な能力は、

  • デジタルマーケティング
  • ソーシャルメディアマーケティング
  • 製品広告

などで、世界中の貴重なクライアントに多くの価値をもたらしています。

私のチームは、若い起業家 がたくさんいるのが特徴です。私たちは、取り組むすべてのプロジェクトの成功を目指しています。

1. BlackHole Protocolとはどんなプロジェクトなのですか?

Blackhole Protocolは、Ethereumネットワークをベースにした承認不要のクロスチェーンバーニングプラットフォームです。

任意のユーザーやプロジェクトガバナーは、$BLACKトークンと古いトークンのLPの保有によりバーニングプールを作り、古いトークンを新トークンに永久にバーンでき、エコロジーな活力が得られます。

NGC Ventures、CRYPTO TIMES、Au21 Capital、ShinChan、7 “O Capital、その他多くの暗号業界の著名人に認められた、予見可能な成功を収められるビジネスプランを持っているので、将来的な成功について非常に自信があります。

2. BlackHole Protocolの最もメジャーなポイントは何でしょうか?

ナイス&ベーシックな質問ですが、この質問を裏付ける情報を集めてみますね。

Blackhole ProtocolはEthereumネットワークから始まり、徐々にPolkadot、BSC、Heco、SOL、そして最終的にはブロックチェーンの世界全体に広がっていきます。前述しましたが、ユーザーやプロジェクトガバナーは、BLACKトークンと古いトークンのLPの保有でバーニングプールを作成し、古いトークンを新しいトークンに永久にバーンし続けられます。

また、Bounce.finance、Helmet、ChainSwap、WeStarter、Anti-Matter、Gate.io、MXC Exchangeとの深いつながりを持つ強力なチームがあるため、技術サポートにも自信があります。

3. BlackHole Protocolはどのような問題を解決できるのでしょうか?

DeFiエコシステムの急速な拡大に伴い、かなりのトラフィックとユーザーが殺到していますよね。

DeFiブームと並行して、より多くのトークンがオンチェーンに蓄積され、新しいメインチェーンのエコシステムと大量のアプリケーションが出現しています。

このような状況は、DeFiの世界ではトークンが継続的に発行され、溢れかえっていることを意味し、DeFiの世界のキャパシティは超えているのです。

この状況への対策として、ブロックチェーンの世界では、リキャストを使用してこれらの材料を燃やして再生し、もともと過負荷だったエコロジーに急上昇の原動力をもたらすことが可能です。

しかし、プロジェクト自身がトークンのバーンプロセスから利益を得るため、このプロセスはゼロサムゲームではありません。

トークンのバーン中、トークン保有者もこのプロセスから利益を得られます。表面的には、トークンのバーンはプロジェクト側にのみ利益をもたらすように思えますが、実際には、投資家とプロジェクトの所有者の両方がこのメカニズムで利益を得られるのです。

トークンのバーンは、明らかにトークンの価値を安定させ、価格の上昇を抑制します。トークンの安定性は、投資家がトークンを保有する動機となり、トークン価格にプラスの影響を与えるため、ネットワークが正常に機能し、帯域幅が安定します。

また、トークンバーニングはトークン主義の初期段階でより明らかになる、機密性と信頼性の特性を示すのです。

4. 競合と比較した時の強みは何でしょうか?

この質問は素晴らしい質問で、これに関しては多くの説明ができます。

 – ブラックホール・プロトコルのエコロジーの開放性と互換性

BlackHole Protocolは、承認不要のバーンプロトコルとして機能します。

プロトコルに参加している誰しもが、承認不要のコントラクトでバーンプールを作成し、バーンインセンティブを必要とするあらゆるDeFiプロジェクトに直接働き掛けられます。さらに、Blackholeは、オープンソースのSDKと特別なスマートコントラクトのユーザーフレンドリーな機能により、あらゆるプロジェクトのユーザーインターフェースとのシームレスな接続の実現が可能です。

– バーニングプロトコルの複数サポート(プロダクト・イノベーション)

  • 流動性リワードバーニング(クリエイターがデザインしたバーニング・リワード)
  • シングルトークン・バーニング(1つのトークンをバーニング・トークンにする)

これらの機能をネイティブにサポートしています。

– 一流の数学的デフレモデル(プロダクト・イノベーション)

$BLACKトークンは、幾何学的なプログレッシオ収束モデルに則った特殊なバーニング経済システムであり、その中で$BLACKトークンの全てが「デフレサイクル」を迎えます。15回のデフレサイクルの後、トークンは5%以下に残り、トークンの価値は「デフレサイクル」で無限に増加します。

– NFTとクロスチェーンセットアサイド対応(技術革新)

BlackHole Protocolは、NFTのコンセプトとクロスチェーンのサポートで設計されています。タイトなタイミングで、BlackHole ProtocolはNFT報酬とクロスチェーンバーニングを開始し、より広く、より大きなエコシステムに浸透するための強固な基盤を作ります。

これらがこのプロジェクトの強みです。

CRYPTO TIMES編集長
単なるトークンのバーンのみでなく、NFTの概念やクロスチェーンにもサポートしているところが強みだと言えるようです!

– 現在、あなたのプラットフォームを使いトークンをバーンするのに興味を持っているプロジェクトはありますか?

現在、私たちは立ち上げ段階にあります。

以下のプラットフォームで#BLACK HOLEパブリックセールを開催します。

パブリックセールは4月26日から4月29日までです。

ヘルメット – IIO
WeStarter IDO
BOUNCE – IDO
ゲート.io – IEO
MXCエクスチェンジ – IEO
MDEX – LBP

長距離プランでは、UNISWAP、MDEX Exchange、Pancakes(いずれも分散型取引所)に流動性を提供します。

コミュニティからの質問

– 今回、CRYPTO TIMESがインベスターに入っていますが、彼らとはどのように協力するのでしょうか?

2018年から3年間運営している日本最大級のCryptoCurrency専門メディア「CRYPTO TIMES – ( https://crypto-times.jp )」に協力できることを大変光栄に思います。

CRYPTO TIMESは、各プロジェクトや業界のキーパーソンへのインタビュー、ニュース記事、プロジェクトのDeepDiveレビュー、How to記事など、多くの良質なコンテンツを提供しています。

私たちはグローバルなプロジェクトであり、世界中のコミュニティとのリンクを望んでおり、実際にAMAを行っています。BlackHole Protocolは、グローバルAMAキャンペーンを発表できる事実を嬉しく、また誇りに思います。

– アイスブレイカー作戦

日程をご確認の上、皆様のご参加をお待ちしております。素敵な賞品をご用意しています。

ブラックホールチームは、世界に向けて自分自身を披露する準備ができています。

– 中長期的な見通しをお聞かせください。NFTの報酬があるようですが、取得するメリットはありますか?それとも観賞用のNFTなのでしょうか?

V1バージョンで実装されている機能は、基本的な機能であり、サポート対象はシングルトークンのバーニングプールです。

V2バージョンでは、1155プロトコルのNFTバーニングをサポートしていく予定です。

また、V1からクロスチェーンバーニングをサポートしています。

BlackHole Protocolは、NFTの概念とクロスチェーンのサポートを考慮して設計されています。

タイトなタイミングで、BlackHole ProtocolはNFT報酬とクロスチェーンバーニングを開始し、より広く、より大きなエコシステムに浸透するための強固な基盤を作成していくでしょう。

ロードマップを確認してください。2021年第4四半期以降にNFTに参入する予定です。

– ウェブサイトを見ると、ロードマップは2021年第4四半期までしかありませんが、2022年、2023年についてはどうでしょうか?プロジェクトの長期的な計画は持っていますか?

長距離プランでは、UNISWAP、MDEX Exchange、Pancakes(いずれも分散型取引所)に流動性を提供します。

– BlackHoleの仕組みは、古くて不要になったトークンと$BLACKトークンを使ってファーミングし、$BLACKトークンを手に入れられる理解で合ってますか?詐欺のような通貨も「不要になったトークン」なのでしょうか?


あるプロジェクトで共同でバーンを行うと、1つのデフレサイクルが発生します。

$BLACKトークンは、幾何学的なプログレッシブ収束モデルに従った特殊なバーン経済システムで、$BLACKトークンのすべてが「デフレサイクル」を経るのです。15回のデフレサイクルの後、トークンは5%以下に残り、トークンの価値は「デフレサイクル」によって無限に増加します。

どんなユーザーやプロジェクトのガバナーでも、$BLACKと古いトークンのLPを持ってバーニングプールを作り、古いトークンから新しいトークンへの永久的なバーンが可能です。

– バーンできるLPトークンの数に一定の制限があるのでしょうか(供給量が非常に多い、ペアが限られているなど)。BLACKが他のトークンの供給を自ら減らすと考えてよいのでしょうか?

第一段階では、非常に優秀で有名なプロジェクトを厳選して協力します。

クロスチェーンバーニングプロトコルであるBlackHole Protocolと、オープンソースでエンタープライズグレードの適応型ブロックチェーンプラットフォームであるNULSが戦略的パートナーシップを締結したニュースをお知らせします。

両者は、

  • 初期トークン交換
  • 品質資産の相互推薦
  • 最先端の状況調査
  • 生態系資源の共有

などを中心に協力していきます。https://coinmarketcap.com/currencies/nuls/

NULSは、オープンソースのエンタープライズグレードの適応型ブロックチェーンプラットフォームであり、開発者に迅速なビジネスソリューションを提供します。マイクロサービス、スマートコントラクト、クロスチェーンの相互運用性、および即時のチェーン構築を特徴とするNULSは、ブロックチェーンの導入を効率化する新しい業界標準を設定しています。

– $BLACKトークンホルダーの強みは、ファーミングやステーキングと同様に、デフレモデルの恩恵を受けられることでしょうか?

– プラットフォームの収入(手数料とガバナンス)

バージョンV0.1はプロジェクトに無料で提供され、将来的にはトークンのバーン増し手数料や報酬の分配が取られ、それが$BLACKの買い戻しに充てられます。

$BLACKの出資者は、出資を通じて直接ガバナンスへの参加も可能です。

-ファーミング

$BLACKトークンのライフサイクルは3つのフェーズに分けられます。「誕生」-「全盛期」-「無限のデフレ」です。

最初の段階である「誕生」では、IDO後に$BLACKトークンはステーキングと流動性ファーミングの計画を開始します。

$BLACKはエコシステムの中で中心的な役割を果たしており、その価値は主に

  • ガバナンス
  • エコシステムの媒体
  • 流動性提供のインセンティブ

の3つに反映されます。$BLACKがデフレになると、トークンは無期限にデフレになります。

15サイクル後の予想残額 3518437 ブラック (≒3.518%)
20サイクル後の期待残額 1152921.6 ブラック (≒1.15%)

– プロジェクトの名前の由来はなんですか?

BlackHole Protocolは、承認不要の分散型&クロスチェーンのバーニングプロトコルです。これはBurning Protocolで、巨大な星が死ぬときに小さくて高密度な残骸のコアを残す過程を示した偉大な「ブラックホール理論」からこの言葉を取りました。

私たちは、偉大で有名な理論であるBlackholeを採択し、また、我々のプロジェクトであるBlackHoleを暗号空間における偉大で成功したプロジェクトにしたいと考えています。

– BlackHole Protocolの投資家は誰ですか?プロジェクトを維持するための収益はどのようにして得るのですか?2021年末以降の目標は何ですか?

戦略プラン&収益創出の計画は下記の通りです。(*現在すべて終了)

WeStarter-

WeStarterが4月28日20:00 SGTにBlackHole Protocolの開始をお知らせします。 詳細は以下のリンクをご覧ください。

https://westarter.medium.com/westarter-will-launch-blackhole-protocol-black-on-april-28th-at-20-00-sgt-whitelist-is-open-now-bc4884d9f8cd

MXC取引所-

M-Day Programの第28回セッションがまもなく開催されます。M-Dayプログラムは、MXC取引所で開催される一連の活動で、メインストリームの暗号トレーダー/ホルダーが参加し、プロジェクトトークンの割引価格を楽しめます。今回のM-Dayの対象プロジェクトはBLACKです。

MXC取引所については、以下のリンクをご確認ください。
https://support.mxc-exchange.com/hc/en-001/articles/360060361991

gate.io

Gate.ioは、革新的で先進的なプロジェクトへのアクセスをユーザーへ提供することを目的としたプラットフォーム「Startup」を立ち上げました。トレーダーは初期投資を行う機会が増えました。
Gate.io Startupは2021年4月28日午前04:00(UTC)にBlackHole Protocolを使った次のプロジェクトを開始します。

https://www.gate.io/en/article/20471

– どのようなNFT技術、NFTのタイプをBlackHoleの市場がサポートするのでしょうか?また、クロスチェーンNFTにも対応していますか?

V1の機能は基本的なもので、1つのトークンのバーニングプールに対応しています。

V2では、1155プロトコルのNFT書き込みに対応しました。

– 長期で見た時に$BLACKトークンを保有するメリットはなんですか?

長距離プランでは、UNISWAP、MDEX Exchange、Pancakes(いずれも分散型取引所)に流動性を提供します。

これは、$BLACKを保有する長期的なメリットとなります。

– プロジェクトの最も困難な点はなんですか?

このプロジェクトの最も困難な点は技術部門にありますが、その後は戦略的パートナーであるChainSwap社の革新的な技術により、ETH、BSC、HECOなどの複数のチェーンでBLACKのコントラクトのアドレスの統一が可能です。

– BlackHoleでは多額のRewardsと共に多くのAMAが開催されていますが、あなたのプロジェクトがコミュニティから受け取りたいものは何ですか?

私たちはグローバルなプロジェクトであり、世界中のコミュニティとリンクしていきたいと考えています。私たちは、コミュニティからのフィードバックをとても大切にしています。

Q3の段階では、コミュニティを通じてセルフガバナンスを行います。どんなユーザーやプロジェクトのガバナーでも、$BLACKトークンと古いトークンのLPを保有してバーニング・プールを作り、古いトークンを新トークンに永久にバーンできます。

– $BLACKトークンのエコノミクスについての概要を教えてください。また、ステーク、ストア、バーンなどの希少性のある経路は含まれていますか?

下記のトークンエコノミクスの画像を参照してください。

– 現在、どの国に焦点を当てていますか?また、次の計画ではさまざまなコミュニティでの認知度をどのように高めますか?

私たちは、アンバサダー投資計画を開始し、世界中から約133名のKOLを獲得しました。ほとんどのパーツを世界中から調達しています。

BlackHole Protocolのブランディング効果を確立し、影響力の範囲を拡大し、BlackHole Protocolのエコロジーの長期的なコメントセンスを構築するために、BlackHole Protocol Global Ambassador Recruitment Planの実施を決定しました。

この計画は、

  • DeFiバーティカルセクターのセルフメディアKOLs
  • レーティングエージェンシー
  • コミュニティオピニオンリーダー
  • ソーシャルソフトウェア管理者
  • ビデオポッドキャスター
  • その他DeFiバーティカルセクターのドメイン

などを対象としています。

詳しくは以下のリンクをご覧ください。
https://blackholeprotocol.medium.com/blackhole-protocol-global-ambassador-recruitment-plan-7602eb8da312

– ロードマップを進めていく上で、最も重要な優先事項は何ですか?そのマイルストーンを達成するために、チームには十分な基盤(資金、コミュニティ、その他)はありますか?

BlackHole Protoclは、下記の組織によって支えられており、これらの企業は、BlackHole Protocolのバックボーンとして機能しています。

– $BLACKトークンの価値を維持・向上させるために何をするのでしょうか?

(前述の回答を引用)

あるプロジェクトで共同でバーンを行うと、1つのデフレサイクルが発生します。

$BLACKトークンは、幾何学的なプログレッシブ収束モデルに従った特殊なバーン経済システムで、$BLACKトークンのすべてが「デフレサイクル」を経るのです。

15回のデフレサイクルの後、トークンは5%以下に残り、トークンの価値は「デフレサイクル」によって無限に増加します。

どんなユーザーやプロジェクトのガバナーでも、$BLACKと古いトークンのLPを持ってバーニングプールを作り、古いトークンを新しいトークンに永久に焼き付けが可能です。

– Ethereum以降のチェーンの中では、構築する優先順位はあるのでしょうか。

戦略的パートナーが提供する当社のクロスチェーン技術サポート ChainSwapの革新的な技術により、$BLACKのコントラクトアドレスはETH、BSC、HECOの複数のチェーンで一貫しています。

ETH、BSC、HECOへのクロスチェーンブリッジを提供することで、$BLACKのユーザーはマルチチェーン取引において、より低い取引手数料と迅速な処理時間での利用が可能です。

BlackHole ProtocolはEthereumネットワークから始まり、徐々にPolkadot、BSC、Heco、Sol、そして最終的にはブロックチェーン全体に広がっていくでしょう。

– 透明性について知りたいのですが、BlackHoleのプラットフォームで不正行為の有無をどうやって確認できるのでしょうか?セキュリティ面について教えてください。

BlackHole Protocolは人々に貢献するために存在しています。

正直に言うと、BlackHole Protocolは金額だけでなく、投資家からのリソースを必要としています。BlackHoleプロトコルは、Bounce.finance、Gate.io、WeStarterなどで発売される予定で、非常に限られた席しかありません。

我々は、多くの機関や投資家に支えられた非常に強力なスタートアップです。 私たちは、投資家が詐欺に遭わないように支援しています。

まとめ

いかがだったでしょうか?

バーンプールという仕組みはなかなか興味深かったかと思います。

これが実際どこまでトークンの価値の維持・安定に繋がるのかは現段階では分かりませんが、BlackHole Protocolは今後も注目していきたいプロジェクトですね。

CRYPTO TIMESでは、今後も暗号通貨のあらゆる分野の情報を発信していくので是非積極的にチェックしてみてください。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

– BlackHole Protocol公式リンク –

関連記事 同じライターから

同カテゴリの人気記事