『BSClaunch』の概要や特徴、AMAの内容をQ&A形式で解説!
   公開日 : 2021/06/23

『BSClaunch』の概要や特徴、AMAの内容をQ&A形式で解説!

ユッシCRYPTO TIMES公式ライター

2017年11月に仮想通貨投資を始めたことをきっかけにDAppsやブロックチェーンゲームなどに興味を持つように。仮想通貨メディアのライターとして約3年間活動する実績の中でブロックチェーン・仮想通貨の基礎的な知識から専門的な内容まで幅広く発信中。

ct analysis

数年前に非常に盛り上がったICOや中央集権的な取引所が行うIEOなど、仮想通貨市場ではプロジェクトが資金調達する方法の最適解が常に模索されアップデートされています。

そして、IEOに続く資金調達の方法として、昨今注目されているのがIDOです。

本記事では、主にIDO分野でのソリューションの提供を目的としたプロジェクト「BSClaunch」について、先日開催されたAMAの内容を元にQ&A形式で解説していきます。

・「IDO分野の新しいプロジェクトについて知りたい」
・「BSClaunchについて知りたい」

といった方は是非最後まで読んでみてください。

目次

BSClaunchの概要

BSClaunchの概要

 

ティッカー$BSL、$BST、$BSF、$BSW、$BSN
主な提携先PancakeSwap(V2)
時価総額41億7000万円(2021年5月31日時点)
特徴Binance Smart Chainをベースにしたスマート投資プラットフォームを提供。プロジェクトがプロダクトを出す毎にトークンを発行しIDOを行うことで分散的な資金調達も可能。
公式リンクWebサイト
Twitter
Telegram(チャット)
Medium
ドキュメント

BSClaunchのAMA

今回のAMAにはBSClaunchのマーケティング責任者のHelen氏が参加してくれました。

自己紹介

私の名前はHelenです。現在、私はシンガポールに住んでおり、ブロックチェーン業界で4年働いていた経験があります。BSClaunchプロジェクトでは、2020年末にマーケティングの責任者として働き始めました。

BSClaunchのコアチームは、暗号通貨市場だけでなく、多くのプロジェクトに投資した経験を持っています。また、私たちのアドバイザー、VC、戦略的パートナーらもこの業界の巨人たちです。

そのため、投資家の皆様に最高の投資機会を提供できると確信しています。

1. BSClaunchはどんなプロジェクトなのでしょうか?

BSClaunchは、Binance Smart Chainをベースにしたスマート投資プラットフォームで、プロジェクトが分散的に資金を調達し、コミュニティに安全、自由、平等な機会で投資できる機会を提供します。

他のIDOプラットフォームやランチャーとは異なり、BSClaunchはエコシステムのIDOとして広い範囲のプロジェクトの立ち上げも可能です。

CRYPTO TIMES編集長
広い範囲のプロジェクトを立ち上げるっていうのはどういう意味か気になりますね。色々と後ほど質問していきましょう!

2. BSClaunchの最もメジャーなポイントはなんですか?

BSCLaunchはユーザー、開発者、投資家に下記を提供します。

・B – LAUNCH

B-Launchは、コミュニティに最高の品質、安全性、透明性、そして最も可能性のあるプロジェクトを提供したいという思いで作られました。BSClaunchでは、プロジェクトに対してB-LaunchプラットフォームでIDOを行い、ユーザーが簡単にアクセスできるようにします。

・B – INSURE

プロジェクトが調達した資金の一部を流動性プールにロックすることで投資家を保護しつつ、流動性を高めます。

・B – TOOL

B-Toolは、アドレスの活動を追跡し、投資家グループの行動予測に焦点を当てた高度なAIシステムです。IDO参加者のデモグラフィックを分析し、提供します。スパマー、ボット、クローンは無く、公平性が保証されています。

・B – FARM

B-FARMは、トークン保有者やユーザーの利益集約を可能にする利益最適化ツールです。自動化された利益生成と複利要素により、ユーザーは賭け金の報酬を手動で再投資する必要はありません。

・B – SWAP

B-SWAPは、Poolingコンセプトに基づいたマーケットプレイスであるAMM分散型取引所です。B-SWAPは、IDOの取引ペアや市場で人気のある取引ペアを提供しようとしています。

・B – NFT

B-NFTは、需要を刺激し、このニーズを満たすためにNFTを作成するソリューションを提供します。

 

現在、私たちは、コミュニティのサポートと関心に感謝するために、たくさんのホットなイベントを祝っています。また、BSClaunchでの次のIDOに備えて、ハイプを維持しようとしています。

プロジェクトはDeFiの大量導入を目指していますが、Launchpadはプロジェクトの成功に貢献する画期的なインパクトを与えています。多くのプロジェクトがBSCでローンチしていますが、その理由は、

  • 高いスループット
  • レイテンシーの問題のなさ
  • 取引コストの低さ

などの優れた特性によるものです。

非中央集権的な未来を推進する莫大なサポートを提供するために、BSClaunchはBSCエコシステムでのDeFi採用を促進するための革新的なソリューションを採用しています。我々はプロジェクトのための独自のLaunchpadを持つオールインワンのDeFiプラットフォームで、低レイズのジェムや大きな資本を必要とする野心的なプロジェクトに対応可能です。

しかし、他のIDOプラットフォームやランチャーとは異なり、BSClaunchはエコシステムIDOとして広い範囲のプロジェクトを立ち上げも可能となり、私たちはこれをエコシステムIDOと呼んでいます。

他の競合他社と比較して、私たちはB-NFT、B-Farm、B-Toolなどの多様なエコシステムを持ち、すべてのアドレスフィールド、トランザクションスクールの生データを追跡しクロールすることで、スパマー、ボット、クローンがいないことを保証し、ユーザーに公平なサービスを提供しています。

– 特にB-Toolのメカニズムは興味深いですね。「エコシステムIDO」についてももう少し詳しく説明してください。

B-Toolは、アドレスの活動を追跡し、投資家グループの行動を予測することに焦点を当てた高度なAIシステムです。IDO参加者の統計情報を分析して提供します。スパマー、ボット、クローンはありません。公平性が保証されています。

すべての投資家が投資機会を見つけられるよう、高度な市場分析ツールとマーケットメーカーツールを提供します。

エコシステムIDOは、より広い範囲のマルチDappプロジェクトのパブリックセールを行うのに最適な方法です。エコシステムIDO形式では、エコシステム・プロジェクトが複数の製品をそれぞれのトークンでIDOします。

これにより、当社のトークン保有者は、全体に投資するしかないのではなく、エコシステムのIDOの中から1つまたは2つ以上のIDOの選択により、より大きな規模のプロジェクトを多角的に支援できます。

また、創業者は、パブリックセールに参加した支援者の裾野の広さからも利益を得られます。

CRYPTO TIMES編集長
簡単に説明すると、A っていうプロジェクトが A1、A2っていうプロダクトを出したときに、両方でトークンを設計してBSCLaunch上でもIDOをヘルプするよっってことですね。これがエコシステムIDOです。Terraのエコシステムでプロダクトごとにトークンがついているって感じを考えたら良いと思います 😊

3. BSClaunchどんな問題を解決しますか?

プロジェクトはDeFiの大量導入を目指していますが、Launchpadはプロジェクトの成功に貢献する画期的なインパクトを与えています。

高スループット、レイテンシーの問題がない、取引コストが低いなどのスマートな特性により、多くのプロジェクトがBSCでローンチしています。

4. 現在、MaticやSolanaなどのチェーンにもDeFiが広まっていますが、対応するのは今後もBSCのみですか?

産業革命4.0の文脈では、各個人や組織の財源を開発するための多くの機会が市場にあります。

近年、暗号通貨市場は猛烈なスピードで成長しており、他のどの金融市場よりも大きな利益の可能性を秘めています。参入障壁が低く、遊休資金があれば誰でも簡単に投資が可能です。

しかし、この市場に投資しても、誰もが利益を上げられるわけではありません。なぜなら、この市場には多くの落とし穴や困難があるからです。

そこで、この非常に可能性のある市場への投資を決断する際に、投資家がより安心して投資できるソリューション、それがBSClaunchなのです。

5. 「DeFi」「Farming」「NFT」「Launchpad」「Insurance」などのツールがありますが、ユーザーを惹きつけて使ってもらうために、どのようなマーケティングプランを立てているのでしょうか。

BSCLaunchとチームは、分散型プラットフォームの認知度を高めるために、常に様々なマーケティングプログラムに取り組んでいます。あなたがこのプラットフォームを試し、良いニュースを広めることを歓迎します。

私たちは、コミュニティが私たちのプロジェクトの成功を決めると信じています。ですから、私たちはコミュニティのためにオールインワンのソリューションを作り、投資家のコミュニティが利益を集約できるように支援します。

一方、私たちの戦略的パートナーは、私たちがプラットフォームのイメージを促進し、投資家にもっと価値のある投資機会をもたらすのを助けてくれるでしょう。

6. LaunchpadではToken保有数によって、IDOに参加できるのか?その条件を知りたいです。(FCFSなのか、SubscriptionModelなのかなど)

5月23日に行われたPublic Saleの$80,000割り当てのホワイトリストを公開し、48時間後に終了しています。ホワイトリストに登録されると、5月26日にBSClaunchで開催される予定のIDOに参加するチャンスがあります。

これは抽選形式のホワイトリスト登録です。 パブリックセールはFCFS(先着順)で行われ、BSClaunchプラットフォーム上で参加し、パブリックセール割り当ての100%が完売するまでトークンを購入する必要があります。

パブリックセールの詳細(既に終了済)

– 日付 2021年5月26日
– パブリックセールの寄付はBNB/BUSDで行われます。
– 総供給量=100,000,000 BSLトークン
– 初期マーケットキャップ=217,600ドル
– 1BSL=0.08ドル
– 80,000ドル相当のBSL
– ティッカーサイズ:1,200チケット
– 最小=50ドル|最大=200ドル
– パブリックセールのリリーススケジュール TGEで100%アンロック
– セールの種類 FCFS

7. 例えば、ポルカスターターの場合、3000 POLSあれば参加資格が得られますが、BSLの場合はどのような条件がありますか?

詳細は近日中に更新します。ホワイトリストに登録されるとすぐに、IDOでは1つのウォレットにつき200ドルもの金額を購入するチャンスがあります。

8. Q2には多くの機能がリリースされるようですがどれが一番最初にリリースされるのでしょうか?これは、それぞれの機能で資金調達をするということでしょうか?

最初のものは自社プラットフォームでの資金調達とISO B-Launchが行われています。合計6回の資金調達を行います。

そして、トークンティッカーが$BSLのB-Launchは、その第一弾としてリリースされます。

9. 機能別にトークンがいくつかの種類あるのですか?

ここを見てもらえば、全部のプロダクトでTickerが違うの確認できます。

https://bsclaunchofficial.medium.com/bsclaunch-the-incubator-for-future-unicorns-e4e93e6b065a

-This is an interesting mechanism. It is true that the tickers of all the tokens are different.

Fundraising information of B-Launch
Low cap raise: 800.000$
Part of 5 Dapps Sequential IDOs
Token name: BSL

Fundraising information of B-Tool
Low cap raise: 500.000$
30% of the allocation only for B-LAUNCH + B-SWAP + B-FARM participants
Token name: BST

Fundraising information of B-Farm
Low cap raise: 750.000$
30% of the allocation only for B-LAUNCH + B-SWAP participants
Token name: BSF

Fundraising information of B-Swap
Low cap raise: 1.200.000$
30% of the allocation only for B-LAUNCH participants
Token name: BSW

Fundraising information of B-NFT
Low cap raise: 750.000$
30% of the allocation only for B-LAUNCH + B-SWAP + B-FARM + B-TOOL participants
Token name: BSN

重要なのは、B-Launch($BSL)を保有していないと、私たちのプラットフォームで他の資金調達ラウンドに参加する資格がないということです。

CRYPTO TIMES編集長
各プロダクトのIDOに参加者にアロケーションがあったりするみたいですね。

10. Launchpadは少し落ち着いた感じがありますが、BSClaunchは他のプラットフォームに比べて何か新しいことがありますか?

ここ数年、何千ものプロジェクトが、時価総額数十億ドルのローンチパッド・プラットフォームで調達されてきました。その大半が驚異的な成長を遂げており、素晴らしい結果が全世界を驚かせていますが、まだまだこれからです。

11. B-NFTを持っているとなにかベネフィットはあるのでしょうか?

B-Launchは、最高の品質、安全性、透明性、そして最も可能性のあるプロジェクトをコミュニティに提供したいという思いから生まれました。

BSClaunchのチームは、トップのVCやアドバイザーと直接連携して、最高のプロジェクトを選択します。プロジェクトの可能性とリスクを厳密に評価した後、プロジェクトが基準を満たし、実際に可能性があれば、BSClaunchはそのプロジェクトをB-Launchプラットフォーム上でIDOさせ、ユーザーが簡単にアクセスできるようにします。

これにより、ユーザーはB-Launchを通じてプロジェクトのIDO購入に参加したり、レビューを行うことが可能です。

市場に出回っているデジタル資産は、それ自体の価値が過小評価されていたり、過小評価されていたりします。B-NFTは、需要を喚起するためにNFTを作成し、このニーズに応えるソリューションを提供します。

特徴

– 非ファンジブル・トークンの作成とアクションのためのソリューションを提供。
– プロジェクトのための幅広いハイブリッド資金調達ソリューションの提供
– NFTの上場申請
– NFT資産の契約依頼を行う
– Buy Now NFTの価格と条件の設定
– オークションNFTの条件設定
– オークションの開始価格の設定
– スマートコントラクトで交換・購入する際のデジタル資産の移動

コミュニティからの質問

– エコシステムIDOの仕組みは面白いですが、それだとトークンの価値が分散してしまうのではないでしょうか?複数のトークンを持つことのメリットはあるのでしょうか?

BSLはBSClaunchプラットフォームの機能をつなぐ接着剤のようなものです。このトークンは複数の方法で使用できます。

  • イールドファームやステークリワードのため
  • 今後のIDOに参加する機会を増やせる
  • B-Toolの高度な機能のため

したがって、BSLを保有することは、強気の市場でも弱気の市場でもメリットがあり、将来的にはBSClaunchのエコシステムの他のトークンに参加したり保有したりする資格を得ることにもなります。

CRYPTO TIMES編集長
個人的な意見としては1プロダクト1トークンの思想はかなり自分的には有りだと思うので、いいアプローチだとは思います。トークンの価値を担保できるかは置いておいて!

– IDOプラットフォームに特化するのではなく、NFTやSwapなど幅広く扱うのはどのような利点があるのでしょうか?また今の時点でライバルとなるプラットホームはどこだとお考えですか?

まだまだたくさんあります。私たちのビジョンは非常に大きく、それを小さなステップに分けて考えています。詳細なロードマップはこちらからご覧いただけます。: https://docs.bsclaunch.org/about-us/roadmap

私たちはBinance Smart Chain上にプラットフォームを構築することを選択しましたが、最近ではインフラストラクチャとして非常に堅実な選択となっています。多くのプロジェクトがBinance Smart Chainを利用していますが、これは高いスループット、レイテンシーの問題のなさ、取引コストの低さなどのスマートな特性によるものです。

ロードマップに書かれているように、B-SwapとB-NFTの機能は2021年第3四半期と第4四半期に登場します。また、Ethereumなどの異なるチェーンからのNFTをサポートするための最良の方法を提示できることを期待しています。

現在の競合他社は、PancakeswapやBakeryswapなどです。しかし、私たちは、B-NFT、B-Farm、B-Toolを使ったより多様なエコシステムを持っており、すべてのアドレスフィールド、トランザクションスクールの生のデータを追跡し、クローリングすることで、スパマー、ボット、クローンがいないことを保証し、ユーザーに公平なサービスを提供しています。

私たちのチームメンバーは、暗号通貨市場への投資やその他多くのプロジェクトの経験があると先述しました。私たちのVCも数百万の資本金を持つ成功者であり、このプロジェクトを運営できると信じていますが、コミュニティのサポートなしにはできません。

そのため、他のIDOプラットフォームやランチャーとは異なり、BSClaunchではエコシステムIDOとして広い範囲のプロジェクトを立ち上げること可能です。私たちはこれをエコシステムIDOと呼んでいます。低レイズのジェムから大きな資本を必要とする野心的なプロジェクトまで対応できる、プロジェクト用の独自のローンチパッドを持つオールインワンのDEFIプラットフォームです。

最後に

このような素晴らしいAMAセッションをありがとうございました。皆さん、ぜひ参加してください。また、BSClaunchの公式メディアチャンネルで最新情報をお届けしますので、ご期待ください。

現在、私たちはコミュニティのサポートと関心に感謝し、5月26日に開催されるBSClaunchでのIDOに向けて宣伝を続けるために、たくさんのホットイベントを開催しています。

まとめ

いかがだったでしょうか?

BSClaunchは新興プロジェクトが成功しやすい土台を作っていくプロジェクトです。

今後は、BSClaunchのようなプロジェクトにより、ブロックチェーン業界への参加の垣根が低くなるかもしれませんね。

今後もCRYPTO TIMESでは、暗号通貨のあらゆる分野の情報を発信していくので、是非積極的にチェックしてみてください。

-BSClaunch公式リンク-

関連記事 同じライターから

同カテゴリの人気記事