ICO市場に審判の日が迫る!?米シカゴ・オプション取引所(CBOE)より厳重警告!
   公開日 : 2018/06/21

ICO市場に審判の日が迫る!?米シカゴ・オプション取引所(CBOE)より厳重警告!

ユッシCRYPTO TIMES公式ライター

主にPolkadot(ポルカドット)情報を発信します / CRYPTO TIMES(2018~) / 専門記事500本以上執筆 / 最先端情報を様々なアングルでお届けします。

ICO市場の審判の日

シカゴ・オプション取引所(CBOE)のクリス・コンキャノン氏がICO市場に対して「審判の日がくるだろう」と警告したことがbusinessinsiderによって報じられました。

コノキャノン氏によると、この「審判の日」なるものは二段階に分けてやってくるようです。

第一段階は米国証券取引委員会(SEC)によるICOの取り締まりのようです。

SECは特定のICOを「未登録の有価証券」として認定することで、ICOで発行されている仮想通貨が無価値になってしまいます。

第二段階として、この第一段階での「ICOコインの無価値化」の結果、投資家などによるICOプロジェクトに対しての集団訴訟が多発するという事態が起こる可能性があるようです。

コノキャノン氏は「未登録のICOコインを提供したら、それはすなわち未承認証券を発行したこととなる」と述べており、ICOのリスクの高さを語りました。

用語解説シカゴ・オプション取引所(CBOE):世界有数の取引量を誇るオプション取引所。
オプション取引:デリバティブの一つで、ある商品をその時の市場価格に関係なく、あらかじめ決められた特定の価格で買う権利、または売る権利を売買する取引。
デリバディブ:金融派生商品。金利など原資産ではなく原資産から派生したもの。
米国証券取引委員会(SEC):米国での投資家の保護と公正な証券取引の維持を目的とする連邦政府機関。

ゆっし
ICOは本当に危うい分野だから、情報を常にチェックしないと駄目だね

関連記事 同じライターから

同カテゴリの人気記事