GMOに続きDMMもマイニング事業から撤退!ハッシュレートの上昇とビットコインの価格下落が原因か?
   公開日 : 2019/01/05

GMOに続きDMMもマイニング事業から撤退!ハッシュレートの上昇とビットコインの価格下落が原因か?

ユッシCRYPTO TIMES公式ライター

主にPolkadot(ポルカドット)情報を発信します / CRYPTO TIMES(2018~) / 専門記事500本以上執筆 / 最先端情報を様々なアングルでお届けします。Twitter:@cryptoyusshi

ct analysis

この記事の3つのポイント!・GMOに続きDMM.comもマイニング事業から撤退することが判明。
・撤退の理由は「収益性の悪化」。ビットコインの価格下落、ハッシュレートの上昇などが原因か

・2019年前半に金沢にあるマイニング工場の撤退作業を完了させる

記事ソース:東洋経済

GMOインターネットに続きDMM.comもマイニング事業から撤退することが東洋経済のインタビューにより判明しました。

DMM.comは昨年の2月から金沢でマイニングファームの運用を始めていましたが「収益性が悪化した」などの理由からマイニング事業から撤退としています。

(金沢のマイニング工場:画像引用元 DMM.com)

マイニング事業からの撤退は昨年9月の時点で意思決定されており、2019年前半で撤退作業をおこなっていきます。

先日、国内のGMOインターネット社もマイニング事業で335億円の特別損失を計上したことを発表し、マイニングマシン事業から撤退(マイニング事業は収益構造を再構築し継続)することを発表しました。

昨今のビットコイン(BTC)の価格下落や、グローバルハッシュレートの上昇などが国内のマイニング事業に大きなダメージを与えていることが考えられます。

また、先日発表されたCoinSharesの調査レポートによると、これまで中国に拠点を構えていた多くのマイニングファームが拠点を移動しているようです。

同レポートでは、中国から離れたマイニングファームはより「低コストな電力」「高速インターネット」「低温な地域」などを求めてロシアやカナダ、スカンジナビアなどの地域に移転しているとされています。

ゆっし
マイニング事業はやっぱりきついのかー。DMMの子会社が手掛ける仮想通貨取引アプリ「cointap(コインタップ)」のリリースも中止になっちゃったよね。DMM.Bitcoinの方を頑張ってもらいたいね。

関連記事 同じライターから

同カテゴリの人気記事