ブロックチェーンTCG「Gods Unchained」のプロプレイヤーの引き込み方がカッコいいと話題に
   公開日 : 2019/10/10

ブロックチェーンTCG「Gods Unchained」のプロプレイヤーの引き込み方がカッコいいと話題に

Yuya【CRYPTO TIMES公式ライター】

YuyaCRYPTO TIMES公式ライター

CRYPTO TIMESの記事編集全般を担当しています。バックグラウンドは経済学とファイナンスなので、政府発行型暗号資産の仕組みや、行動ファイナンス的観点から見る市場の動きなどに興味があります。

人気沸騰中のブロックチェーンTCG(トレーディングカードゲーム)のGods Unchainedが、他ゲームを追放されたプロプレイヤーに手を差し伸べたことで話題になっています。

Gods Unchainedは、eスポーツ業界への参入も期待されている新参TCGで、ブロックチェーン技術を活用することでゲーム内のカードをオープンに取引することができます。

このゲームの元となるもののひとつに、Hearthstone(ハースストーン)と呼ばれるゲームがあります。これは、アメリカのブリザード・エンターテイメントという会社が提供するゲームです。

TCGの中でも最大級の人気を誇るハースストーンですが、こちらのプロトーナメント「グランドマスターズ」で活躍していた香港のプロゲーマー・Blitzchung氏が、政治的発言を理由に賞金とトーナメント参加権利を剥奪されたことが話題となっています。

同氏はグランドマスターズ後のインタビューで「香港を解放し、私たちの時代の革命を!」と発言し、ブリザードはこれが「一部の人々や大衆のグループを攻撃、またはブリザードの印象を傷つける行為」に値するとして同氏の賞金を剥奪、さらにトーナメントにも1年間参加禁止としました。

Blitzchung氏をインタビューしていたホスト2名も、同氏が何を言うか知らなかったにも関わらず解雇されたもようで、世間からは批判の声が殺到、ブリザードはウェブサイトのコメント欄を全て無効にしました。

香港デモに関する発言をするBlitzchung氏(右)と、トラブルを恐れて机の下に顔を隠すインタビューホスト2人(左)

Gods Unchainedはこのニュースを受け、一連のツイートでBlitzchung氏に剥奪された賞金を補填し、さらに賞金50万ドルのトーナメントへの参加券を与えると発表しました。

運営はブリザードの一件は「中央集権型のゲーム会社は目先の金銭のためにプレイヤーを検閲・利用することを証明した」と批判しました。

加えて、Gods Unchainedはゲーム内アイテムや市場がブロックチェーン上で管理されていることから、「私たちは仮にあなたの(政治的)意見に反対でも、あなたのカードを奪うことはできません」としました。

Blitzchung氏が実際にこのオファーを承諾したかどうかは明らかになっていませんが、ツイッターなどではGods Unchainedのこうした「プロプレイヤーのカッコいい引き込み方」を賞賛する声が多くあがっています。

関連記事 同じライターから

同カテゴリの人気記事