2019年はオンライントレーディングカードゲームがブロックチェーンゲーム界を変革するか?
2018/12/28

2019年はオンライントレーディングカードゲームがブロックチェーンゲーム界を変革するか?

はるか先生

はるか先生

仮想通貨とブロックチェーンの最新技術ビジネスを見通します/dAppsとProtocol周りが近々の視点/ twitterもやってます。

2018年はブロックチェーンゲームにとって記録的な数のゲームを輩出した年になった。特に、大成功した初代ブロックチェーンゲームのCryptoKittiesと類似の収集ゲームが氾濫した。さらに、CryptoKittiesのキャラクターは猫の風貌をしているかわいいキャラクターである。このため、かわいいキャラクターもクリプト界に氾濫した。

ただ、クリプトから離れてみると欧米で受けるキャラクター、ヒーローは5頭身のかわいいキャラクターではなく8頭身、9頭身の筋肉ムキムキやグラマーなブロンドである。強い、美しいものが好まれる傾向である。

CryptoKittiesのムーブメントが過ぎ去ったあと、自然はお金を持っている大人の欧米人に受けるゲームの開発、台頭は自然の流れである。ただ集めるだけではなくゲーム性も、もちろん重要な要素となってくると行き着く先は決まってくる。トレーディングカードゲーム(TCG)である。

2019年に期待されているブロックチェーンゲーム

そういった背景で満を持して登場したゲームが Gods Unchained である。

オンライントレーディングカードゲーム(TCG)である。カードの絵柄は、欧米人にも受ける精密かつ筋肉隆々の神々。タイトルを日本語で表現すれば、「解き放たれた神々」となるだろうか。このゲームのテーマは神々を駆使した戦いとなっている。

オンライントレーディングカードゲームが今熱い

少し、ブロックチェーンゲームを離れてみよう。この記事を執筆する1週間前に日本で、オンライントレーディングカードゲームの大きなニュースが流れた。

Shadowverse World Grand Prix 2018は日本で行われたeSportsの大会である。なんとその賞金が1億円を超え、ゲーム界の外でもおおきな話題になった。賞金1億円は日本人プレイヤーの手に渡った。

シャドーバースはファンタジーの世界をモチーフにしたオンラインTCGであり、TCGでは大ヒットを飛ばしている。こちらの公式ページを見てもらうと、その世界観か感じてもらえるだろう。

シャドーバースを開発運営は、日本のゲーム会社 Cygamesである。Cygamesは大ヒットを記録した、「グランブルーシリーズ」を販売した会社でもある。トレーディングカードゲームの世界の大会では過去最高の賞金が設定されたとのことであり、TCGでCygamesの世界を獲っていこうという意気込みが感じられる。

ブロックチェーンのオンラインTCG

ブロックチェーンに戻るとGods Unchained以外にもオンラインTCGの新規ゲームの投入が見られている

Nova Blitz

2018年の初期からスタートしていたTCGとなっており、とてもファンも多いゲームでした。まだゲームはできますが、なんと資金のショートを起こし来年の3月までサーバーを運用したのち、サービスが終了する予定となっています。存続を熱望するファンの声が散見されています。残念なことです。

支えてきた投資家も今回の仮想通貨のダウンで撤退してしまったとのことです。代表は自己資金を投入して12月までなんとか支えてきたがもはや限界だったとのこと。

Nova Blitz 公式Website

However, last week our replacement investors got cold feet due to the latest rounds of crypto crashes, and pulled out. They were very professional and up front about this, but that doesn’t make it suck any less. I’ve been keeping things

running and keeping people paid through December using my own personal funds, but that’s clearly not sustainable.

Source: Nova Token Chat on Telegram

Zombie Battleground

Loom NetworkはEthereumのdAppsの開発環境を提供する組織である。いち早く、サイドチェーンの開発、運用にも着手している先進のチームであるが、そのチームが開発した。このゲームの運用もEthereumのサイドチェーンで運営される。

さらに、本ゲームの開発資金の確保に Kick Starterを活用するなど、ブロックチェーン界にとっては珍しい手法を用いている。現在、ベーターサイトを行なっており、2019年の一般公開が待たれる。

Zombie Battleground 公式Website

Zombie Battleground 紹介ページ – LoomNetwork Medium

Steem Monsters

STEEMのネット上に構築されたカードゲームとなる。STEEMはDPoSを採用した処理の早いブロックチェーンである。

有名なサービスとしてはブロックチェーンブログメディアのSteemitがある。ゲームはサービス開始をしており、主にSteemitを使っている人々が楽しんでいる状態である。比較的カード自体の価格が安いので手軽にできるゲームとなっている。

Steem Monsters 公式Website

Gods Unchainedはブロックチェーンゲームの世界を刷新するか?

eSportsに殴り込み

Gods Unchainedは、発表当初から大きな公約を掲げている。2019年にGods Unchained ワールド選手権を開催する。賞金はカードセールスの売り上げの10%を割り当てる。その賞金総額は、現時点の売り上げからの計算で40万ドルである。カードの売り上げがあがると賞金総額も上がることが予想される。

ブロックチェーンゲームとしては、世界初のeSportsの大会を開催することとなる。クラウドセールスは2018年の夏であり、暗号資産の市場情勢としては、少し厳しかったがそれでも4億円相当のカードを売り切ったのは驚愕である。大会に参加するには参加権を入手する必要がある。

クラウドセールスは成功だった

クラウドセールスはカードパックを販売するという形式で行われ、そのカードの中にはレアカードもいくつか含まれる。世界に三枚しか出現しないカードはその後、600万円ほどの価格がついたほどの人気ぶりである。売り上げも4億円相当の金額が購入され熱い。

海外のブロックチェーン勢も注目している

2018年12月にGods Unchainedは、システムのβを開始し、選ばれたプレイヤーは試験的なゲームに参加している。まだゲームは始まっていないが、Discordを見に行っても常にアップデートがあり、ユーザーが活発にコミュニケーションを取っている。ほぼ英語でのやり取りで海外勢の期待の高さが感じられる。

少しYouTubeに行って、Gods Unchainedと検索してみてほしい。ここまで、YouTubeでとりあげられたブロックチェーンゲームは無いのではないか。

ゲームとしての完成度

Gods Unchainedは、新たに開発したトレーディングカードゲームであるが、そのレベルは、伝説のトレーディングカードゲーム マジック・ザ・ギャザリングにも肉薄するのではないかというやり取りが聞かれる。

今までブロックチェーンゲームを敬遠していた系統のブロックチェーン界隈の人たちが興味を示しており、実際にクラウドセールスでカードの購入を行なった。

筆者の周りを見ていても、ICOに多く投資をしていた、いわゆる大人の人たちが、今回のGods Unchainedにはクラウドセールから参加をしている。筆者は肌で熱さを感じている。

今後の展望

YouTubeのトレイラーもWebサイトの作り込みなどもレベル感が高く期待を高めることをよく知っている。

Gods Unchained 公式サイト

サイトから登録してカードを購入できる。またベータサイトを開始している。興味がある方は、ぜひサイトを覗いてほしい。その際には、MetaMaskとETHが必要になる。

TCGが得意であれば、Gods Unchained有名になる前に、荒稼ぎをするチャンスかもしれない。ブロックチェーンゲームということもあり、TCGゲームとしては、まだまだ、プレイヤーは少ない。

2019年は期待したい。

関連記事 同じライターから

同カテゴリの人気記事