JCBと富士通が共同で、新たな決済連結プラットフォーム創出に向けたプロジェクトを始動
   公開日 : 2020/01/17

JCBと富士通が共同で、新たな決済連結プラットフォーム創出に向けたプロジェクトを始動

shimada

T.S

CryptoTimes リサーチャー| 数理的アプローチから暗号資産市場のリサーチをしています。特に現在では、仮想通貨界隈での話題を統計学で解明することやマイニング産業のリサーチをしています。 数理統計学を専門にすべく大学院進学の勉強中

ct analysis

JCBと富士通株式会社が、新たに決済連結プラットフォーム開発のため1月17日から共同プロジェクトを推進していくことが明らかになりました。

ポイントや電子マネー、暗号資産など多種多様に拡大していく決済手段する中で、個人の保有するデジタルバリューの最適な管理が難しくなっているといいます。

この共同プロジェクトでは、地域・支払い方法・運営母体により、異なる決済システムが多岐に存在する中で、支払いに応じて最適なポイント・通貨を選択するプラットフォーム構築に向けた試みが進められる予定です。

サービス展開の根幹には、JCBの持つ決済分野での知見と富士通が持つ「コネクションチェーン」と呼ばれるブロックチェーン技術が活用されています。

両社は、2019年4月より、富士通コネクションチェーンを利用した実証実験を既に開始しており、今回のプロジェクト立ち上げではさらに具体的な技術検証やサービスモデルについての検討が進められていきます。

記事ソース:JCBと富士通、新たな決済連携プラットフォーム創出に向けた共同プロジェクトを開始

関連:富士通 コネクションチェーンについての詳細(富士通プレスリリース)

関連記事 同じライターから

同カテゴリの人気記事