ラテンアメリカ、給与を暗号通貨で受け取るフリーランスが増加
   公開日 : 2022/02/28

ラテンアメリカ、給与を暗号通貨で受け取るフリーランスが増加

Crypto Times 編集部

ブロックチェーン専門メディアCRYPTO TIMES編集部です。CRYPTO TIMESのニュース、コラム、インタビューなど全ての編集を行っています。 元エンジニア出身なので、ブロックチェーンのノードを建てたり、簡単なスマコンの実装まで対応できます。Twitterもよろしく。

ct analysis

ラテンアメリカで給与の一部を暗号通貨で受け取るフリーランスの数が増加していることがわかりました。

グローバルなコンプライアンスや給与計算ソリューションを提供するDeel社が公開したレポートによると、アルゼンチンでは、マーケティングや販売部門で働く人の給与がこの6ヶ月で21%上昇。

さらに、給与の一部を暗号通貨で受け取る人数も増加しており、その多くがBTCやETHで受け取りを行なっているとしています。

Deel COOのダン・ウェストガース氏は下記コメントを出しています。

“「アルゼンチンなどの国では、暗号通貨の引き出しが増加しています。”我々は現在、BTC (ラテンアメリカで最も人気)、ETH、USDC、およびSOLの引き出しをCoinbaseを通じて提供しています”。- 引用元:beincrypto」”

昨年11月には、ブラジルで労働者にビットコインでの賃金支払いを可能とする法案が提出されるなど、中南米・南米地域での暗号通貨の普及が進んでいます。

記事ソース:beincryptodeel

ct analysis

関連記事 同じライターから

同カテゴリの人気記事