STEPN(ステップン)が手掛ける分散型取引所「DOOAR」がローンチ
   公開日 : 2022/08/17

STEPN(ステップン)が手掛ける分散型取引所「DOOAR」がローンチ

Crypto Times 編集部

ブロックチェーン専門メディアCRYPTO TIMES編集部です。CRYPTO TIMESのニュース、コラム、インタビューなど全ての編集を行っています。 元エンジニア出身なので、ブロックチェーンのノードを建てたり、簡単なスマコンの実装まで対応できます。Twitterもよろしく。

ct analysis

STEPNチームが手掛ける分散型取引所DOOARが正式にローンチされました。

以前より、STPENアプリ内のトークン交換は上記DOOARで行われていましたが、今回新たにフロントエンドを備えた(サイトとして存在し利用できる)形で公開されました。

現在、DOOARでは3つのチェーンが利用可能で、それぞれ下記ウォレット・トークンに対応しています。

Ethereum

ウォレット:MetaMask、Coinbase Wallet、Wallet Connect
トークン:$GMT、$GST、$USDC、$ETH

BNB Smart Chain

ウォレット:MetaMask、Coinbase Wallet、Wallet Connect
トークン:$GMT、$GST、$USDC、$BNB

Solana

ウォレット:Phantom、Glow、Slope、Solflare
トークン:$GMT、$GST、$USDC、$SOL

現在、DOOARにて流動性の提供は行えませんが、今後GST/USDC、GMT/USDCペアが登場予定。将来的にはマルチチェーンで誰でも他の流動性プールの作成が可能となるとしています。

DOOARの取引手数料1%のうち0.6%はGMTやスニーカーの買い戻しやバーンに利用されます。

STEPNは先日、GMTアーニング機能の詳細プランを発表。その翌週にはポイントの再分配機能など新たな機能の追加を発表しています。

ゲームシステムやエコシステムに大きな変化が生じているSTEPNの今後の動向に注目が集まります。

記事ソース:Whitepaper

画像引用元:DOOAR

関連記事 同じライターから

同カテゴリの人気記事